オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

企業戦略としての社員幸福度②~「チーフハピネスオフィサー」設置の勧め~

2020.03.23

 社員幸福度を上げるために大切なのは、働き方改革を経営課題と捉えてきちんと取り組むこと。世間が話題にしているから、周りの会社がやるから、あるいは、男性社員の採用が難しくなってきたから女性を採用するというような、その場しのぎの対応ではなく、経営ビジョンを踏まえたうえで、それに合う社員像や働き方が導かれたものでなくてはなりません。

 私が日本企業の働き方改革で最もやりたいことは、社員幸福度を高めることです。言い換えれば、社員の幸福度が高まれば、個人の業績もアップしますし、企業業績もアップするのです。

 ここで皆さんからよく聞かれるのが「業績が上がっているから、社員も幸せなんでしょう」という意見。しかし、そうではなくて「社員が幸せになれば、業績が上がる」のです。この関係を、なかなか理解できない会社が多いのではないでしょうか。

 海外の企業と比べて、日本企業が圧倒的に足りていないのが、上司と部下のコミュニケーションです。トークやフィードバックが少ないのはもちろん、褒めることはほぼない。これでは、社員がしあわせになれるはずがありません。部下と緊密にコミュニケーションを取ることは、個人の性格とか仕事のスタイルとかの範疇ではなくて、マネジャーとしての『重要な仕事の役割だ』ということから、まず認識するようにしてください。

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。