オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

新元号・令和で対応すべきこと まとめ

2019.05.01

 4月30日で平成が終わり、新しい元号である令和を迎える。日本の場合は、西暦ではなく元号で管理しているものが多く、元号の変更が企業の運営に大きな影響を与えることもあるだろう。

 オフィスとしても元号の変更に対しては、素早く対応する必要があり、システムなどに関しては事前の対策を行っていなければ間に合わない。

 その上で、元号が変更になった場合にはどのような影響が考えられ、どのように対処すればよいのだろうか。

 ここでは、新元号への変更で考えられる影響や対応しなければならないことについて見ていこう。

元号が変わる際に考えられる影響

 新元号への変更において必要な対応は、大きく分けて書類とシステムの2つに分けることが出来る。では、それぞれへの影響を見ていこう。

1.書類
 元号で書類を管理していた場合は、すべての種類の書類を平成から令和に変更する必要がある。加えて言えば、書類に使用していたハンコなども元号であれば令和に対応できるように作っておかなければならない。

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。