オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

管理部必見 自社への影響を把握し早急な対策を。今すぐ始める軽減税率対策

2019.09.19

 10月1日から消費税が10%に引き上げられる。それに併せ、消費者への影響を最小限にすることを目的に、飲食料品など一部商品の税率を8%に据え置く「軽減税率制度」の導入が決まった。

 軽減税率制度の下では、対象品目の区分や価格表示の検討、請求書等の記載事項、適用税率ごとの区分経理の実施など、経理担当の事務負担が増加し、企業にとって大きな負担がかかることが予想される。

 直前に慌てないためにも、軽減税率導入に向けた準備を担当部署毎に計画的に進める必要がある。

 本記事では特に準備・対策が必要な5つの項目を紹介する。

商品の税率の確認

 今回、軽減税率の対象になるのは、「酒や外食以外の飲食料品」と「週2回以上発行されている定期購読の新聞」だ。とはいえ、商品の状態や販売環境によっては対象となるかどうかの判断が難しいものもある。軽減税率対象品目と標準税率対象品目を両方取り扱っている事業者は、軽減税率が適用される条件を正確に理解することが求められる。

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。