オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

総務部必見 忘年会幹事がやるべき4つの準備と盛り上がる余興ネタ・ユニークな会場

2019.11.19

 1年の苦労を忘れるために執り行われる忘年会。師走が近づくと、通常業務に加え、忘年会の幹事として企画や準備に追われる総務担当者もいるだろう。

 忘年会の準備は、おさえるべきポイントが分からないままに進めてしまうと、「会場が狭く予定していた余興が出来ない」「注文した料理が足りない」など、当日になってトラブルが発生する可能性もある。一方で、幹事として準備から当日の進行までをスムーズに遂行することで、社内評価にも良い影響を与えることが期待できる。社員から満足を得るためには、どのような忘年会を開催するべきなのだろうか。ここでは、忘年会の幹事がやるべき4つの準備や盛り上がる余興ネタ、おもしろ居酒屋・レストランとイベント代行業者を紹介する。

目次

●忘年会の幹事がやるべき4つの準備
●会社の忘年会で盛り上がる余興ネタ3選
●忘年会におすすめのおもしろ居酒屋・レストラン3選
●忘年会のヘルプが欲しい幹事必見!イベント代行業者2選

忘年会の幹事がやるべき4つの準備

 1年の労をねぎらったり、社員同士の親睦を深めたりする目的で開催する忘年会。幹事の手腕がその会の成功を左右すると言っても過言ではないだろう。幹事の腕の見せ所だと考え、漏れの無いようポイントを整理して準備を進めることが必要だ。実際に、忘年会の幹事がやるべき準備を見ていく。

準備①日程調整と参加人数の把握
 多くの社員から忘年会への参加を募るには、事前に予定を確保してもらうことが最優先となる。なるべく社員が予定を組みやすいよう、忘年会を予定している日から1ヵ月半ぐらい前には対象者に連絡しよう。このとき、候補日をいくつか挙げることも大切なポイントだ。開催日時を決定するときは、参加人数が多いことはもちろん、業務に支障が出ない日を選ぶと良いだろう。

準備②開催日時の決定連絡
 開催日時が決まったら、忘年会に参加する社員に連絡をしよう。連絡の方法としてはメールなどのツールを利用したり、出欠確認ができるWebフォームを利用したりするのも良いだろう。そのとき、「会場は決定次第、連絡致します」「参加可能な方が一番多い日に決定致しました。ご希望に沿えなかった皆様、申し訳ござ...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。