オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

日本とはどう違う?世界と日本の「働き方」の違い【ドイツ編】

2019.11.26

 近年、日本では働き方改革の一環として、「働き方の多様化」「ワークライフバランスの充実」などが重視されている。社員が働きやすい環境を構築するために、人事総務担当者として、どのような対策をとったら良いのか悩むことも多いだろう。

 日本における「働き方」のイメージは、「残業が多い」「有給取得率が低い」「労働時間が長い」など、世界から見てもあまり良い印象ではない。実際に、日本と世界では「働き方」や「働くことへの考え方」はどう違うのだろうか。

 今回は、世界と日本の「働き方」の違いを一国ずつ比較していくシリーズ企画第3弾として、ドイツとの「働き方」の違いについて見ていく。

目次

●労働生産性が高い
●高い有給取得率と柔軟な労働時間
●自立・独立を目指す意識が高い
●家族や自分を優先

労働生産性が高い

 ドイツは日本と同様、製造業などの「モノづくり」が盛んなイメージがあるだろう。ところが、同じモノづくり大国でありながら、労働生産性には圧倒的な差があるようだ。ここでは、ドイツと日本の労働生産性に大きな差が生じる理由を見ていこう。

労働時間が圧倒的に短い

 ドイツは、世界の各国と比べても年間労働時間が非常に短い。OECD(経済協力開発機構)の2017年調査によると、加盟国の中で最も短いという結果となっている。この背景には、ドイツでは法律によって労働時間が厳しく管理されていることがある。原則1日8時間までと定めてられており、10時間を超える労働は禁止されている。違反が発覚した場合は、経営者に罰金や禁固刑を科すこともあり、労働安全局が企業に立ち入り頻繁...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。