オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

人事総務担当者必見 採用活動を成功に導く「ペルソナ」とは?設定方法やメリットを解説

2020.01.14

 近年、採用活動を成功に導く鍵として重視されている「ペルソナ」。マーケティングにおいて多く活用されている一方、採用においても「求める人物像」を明確にするために取り入れられている。採用時にペルソナを設定することは、企業の間でも一般的になりつつあるが、中でも「採用したい人材」と「採用できる人材」との間にギャップを抱えている企業にとって有効に働くことが期待できるだろう。

 そのような中、自社の採用活動に役立つペルソナをどのように設定したらよいのかなど、課題に感じている人事総務担当者も多いのではないだろうか。今回の記事では、求める人物像にマッチした人材を採用するためのペルソナの設定方法や活用方法、ペルソナを設定するメリットについて見ていく。

目次

●ペルソナとは?
●採用活動でペルソナを設定するメリット
●採用活動に役立つペルソナの設定方法と活用方法

ペルソナとは?

 自社の採用活動でペルソナを取り入れていない場合、ペルソナとはどのようなものなのかなど疑問を持つ人事総務担当者もいるだろう。まずは、ペルソナ設定の目的や同じような意味で使われるターゲットとの違いについて見ていこう。

ペルソナ設定の目的
 「人格」という意味を持つペルソナ。具体的な生活がイメージできるよう詳細まで描かれた人格を設定することで、さまざまな場面で活用できる。例えば、「名前」や「年齢」「性別」「居住地域」に加えて、「職業」「年収」「趣味」「家族構成」「生活・行動習慣」など、その人物が実在しているかのようにリアリティのある情報を設定すると良いだろう。

 マーケティングの分野においては、ペルソナ設定により商品の顧客像を描くことで効果的なアプローチを行うことを目的とするのが一般的だ。一方、採用活動におけるペルソナとは、企業にマッチした人材を採用するために活用される。「採用したい人物像を明確化したもの」と考えると良いだろう。入社してほしい人物像を描く上で重要なことは、理想ばかりを並べるのではなく、どのような仕事で、どのように活躍してほしいのかをイメージできていることだ。さらに、それに見合う性格や必要なスキルなどの検討が必要になるだろう。

ターゲットとの違い
 ターゲットとは、商品マーケティング上で対象となる特定のユーザーを指しており、ペルソナほど細かく人物像を想定しないことが特徴と言える。ある程度幅を持たせた人物像を設定するため、年代や性別、趣味趣向、消費傾向程度の情報で留めておくことが一般的だろう。

 一方、ペルソナはユ...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。