オフィスのミカタとは

ACALL

「場のデジタル化」による個人の多様な働き方の実現
"ACALLは、「場のデジタル化」によって働く場の選択肢を広げることで、働き方の多様化を実現し、みんなが幸せに働ける社会づくりに貢献します。

ACALLの提供価値として、「オフィス内の特定の場のデジタル化(ACALL 1.0)」=オフィスの受付・会議室のデジタル化(来客対応RPA)に加え、「オフィス外も含めた場のデジタル化(ACALL 2.0)」、そして「個人のための働く場のプラットフォーム(ACALL 3.0)」へと、3段階の進化を前提とした開発を進めています。"

アンケート

ENQUETE
今回のサービス導入における立場
今回ダウンロードされる資料について現在のご状況をお聞かせください。