オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

事務部門に特化したテレワーク導入支援サービス「うちワーク」

2020.07.02

 総合人材サービスのパーソルグループで人材派遣・アウトソーシング事業を手掛けるパーソルテンプスタッフ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:和田孝雄)は、事務部門のテレワーク導入支援サービス「うちワーク」を2020年7月7日(火)より開始する。

事務部門のテレワーク推進は急務

 近年の働き方改革やオリンピックの開催に伴い、関心が高まっていたテレワークは、新型コロナウイルス感染拡大防止策として、導入を急ぐ企業が急増した。しかし、緊急事態宣言下においても出社率の全国平均は58,5%と、テレワークの実現が難しい企業も多かった。

 特に、事務部門において「紙を扱う業務が多くデジタル化できない」「印鑑やサインが必要」「ITの利用制限」などの理由からテレワークを推進できない現状が課題となっている。

 緊急事態宣言が解除された今後も、感染症拡大防止や新しい働き方推進のためにテレワークを継続する企業も多く、課題解決は急務である。

事務部門に部門に特化したテレワーク導入支援サービス「うちワーク」

サービス名:
「うちワーク」
先行きが不透明な時代でも、自宅やテレワークセンターなどを仕事場に変えることで、事業継続性を担保しながらビジネスの成長を支援する。

対象:
・テレワーク化を推進したいが、業務的に困難な企業
・ICTを活用しテレワークを推進したものの、職場以外での運用がうまくできていない企業

特徴:
・紙、押印、基幹システムなどテレワーク化が難しいとされている業務に対し、職場意外でできるような業務設計、カスタマイズ
・PCがあれば自宅など、どこでも働ける環境を作り有事の際のBCPも対応可能な内容を提案
・業務の洗い出しから、システム提案、テレワーク時のヘルプサービス、効果検証まで一貫して対応可能

料金・時間:
基本25万円〜
※業務項目数/工程数、業務可視化の難易度/テレワーク希望適用範囲度により料金は変動
※ICT導入時の初期費用、ICTランニング費用は別途発生

「うちワーク」のサービス開始に伴い、事務部門でのテレワーク推進に期待したい。

<PR>