オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

テレワークでも仲間と仕事を オンラインオフィス「Parafice」α版の提供開始

2020.07.09

 株式会社Divide(本社:東京都港区、代表:水本豪)はテレワーク中の孤独感を解消し、安心感と緊張感の中でメンバーと同じ空間を共有できる、オンラインオフィス構築プラットフォーム「Parafice(パラフィス)」の提供を開始する。

孤独感を解消 どこにいても空間を共有できるParafice

 テレワーク、リモートワーク中でもメンバーと同じ空間を共有できるオンラインオフィス構築プラットフォームである「Parafice」。自宅や出先でも、従来のオフィスのように顔を合わせ仕事をすることで、「孤独感」を解消し安心感と緊張感の中、働くことができる「もうひとつのオフィス」を目指す。

 新型コロナウイルスの影響により、多くの企業がテレワークへと企業活動をシフトした。「オンライン飲み会」なども普及したことから、ビデオ会議ツール「Zoom」を使用する機会も増えた。しかし、従来の「安心感と緊張感の並列するオフィス」から「安心感>緊張感」という構図に変化していると感じたことを受け、オンライン上にオフィスを構築することを考えた。

テレワークでも会議室集合

 Parafice内にセットされた「会議室」では各部屋ごとにURLを設定することにより各種Web通話ツールとの連携が可能になり、テレワーク中でもメンバーと同じ空間を共有できる。各部屋に設定済みのWeb通話ツールのURLがワンクリックで立ち上がるため、Web会議のURLを探す必要もなく、すぐにミーティングを開始することができる。

<関連記事>
オフィスのミカタ おすすめ テレワークシステム9選

オンライン空間の共有で不安解消

 オンラインオフィス構築プラットフォームである「Prarfice」は大きく3つの課題解決ができる。

1、自宅や出先など場所を問わず、従来のオフィスのように顔を合わせて仕事ができる。
2、オンライン空間を共有することでテレワークで感じる孤独感を解消できる。
3、「会議室」では各種Web会議ツールとの連携ができ、ワンアクションで会議へアクセスできる。

まとめ

 今回の新型コロナウイルスの影響を受けて、完全にテレワークにシフトする企業も増えてくることが考えられる。Paraficeは今後、「勤怠打刻や経費申請ツールなどとの連携」「福利厚生サービスとの連携」「会議室外でのWeb会議を可能にする機能の追加」など、「第二のオフィス」を目指してバージョンアップを計画しているという。今後の動きにも注目だ。

<PR>