オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

「2021卒就職意識調査」採用活動のオンライン化で交通費の節約に!

2020.08.06

 株式会社学情(本社:東京都中央区・大阪市北区、代表:中井清和)は、2021年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に、インターネットアンケートを実施し、「新型コロナウイルスによる就職活動への影響」を調査した。

63.6%が「説明会がWebになった」と回答

 「新型コロナウイルスによって、就職活動にはどのような影響がありましたか」と質問したところ、最も多かったのは「説明会がWebになった」で63.6%、次いで「説明会が中止になった」が56.1%、「選考がWebになった」が55.0%、「選考が延期になった」が53.3%と続き、就職活動のスケジュールにも影響があったことがわかった。

 また、「特に影響はなかった」という回答は6.1%と少なく、大多数の学生が新型コロナウイルスにより、就職活動に何らかの影響を受けている結果となった。

<関連記事>
テレワーク導入のメリット・デメリットは? 助成金制度や3種類の働き方も紹介!

採用活動のオンライン化で、交通費の節約に!

 

 「Web説明会、Web選考会に参加してみてどう感じましたか」と質問したところ、最も多かったのは「交通費の節約になった」、次いで「日程調整がしやすい」、「遠方の企業にも参加できるようになった」と続いた。多くの学生が、時間や場所にとらわれずに説明会や選考を受けられることを好意的に受け止めている結果となった。

内々定者の懇親会は減少傾向

 「内々定先企業から懇親会などフォロー対応はありましたか」と質問したところ、今年は昨年に比べて「懇親会」でのフォローが大幅に減少していることがわかった。

 一方で、「人事担当者との面談」や「先輩社員との面談」は昨年よりも増加しており、個別対応に力をいれる企業が多いことがわかった。

 また、わすかに増加している項目として「契約書の提出を求められた」「就職活動の終了を依頼された」が挙げられる。新型コロナウイルスの影響で、採用活動のスケジュールが後ろ倒しになったことや、景気の不透明さから採用予定人数を大きく上回る人数での内々定出しを控える企業が増えている。

まとめ

 新型コロナウイルスの影響により、急速に普及したオンライン採用活動。Webを活用することで、交通費の削減や、遠方の企業の説明会にも気軽に参加できるなど、視点を変えてみれば様々なメリットも挙げられた。日々、変化する社会情勢に対応していくことが重要になってくるであろう。

<PR>