オフィスのミカタとは

テレワーク導入のメリット・デメリットは? 助成金制度や3種類の働き方も紹介!

2019.05.23

 導入する企業が増え、注目を集めている働き方「テレワーク」。総務省の調査「平成29年通信利用動向調査」によると、テレワークという言葉を聞いたことがあると答えた回答者は、69.2%にものぼった。

 「場所にとらわれず、自由に働きたい」と考えているビジネスマンや、「テレワークを導入しようか迷っている」と考えている総務・人事担当者も多いだろう。そこで、テレワークの概要や、テレワークのメリット・デメリットなどについて紹介していく。

テレワークとは?

 テレワークとは、「ICT(情報通信技術)」を使って実現する、場所や時間にとらわれない働き方のこと。離れた場所という意味を持つ「tele」と、働くという意味を持つ「work」を合わせて作られた造語だ。

 週2〜3日ほどテレワークを許可している企業もあれば、週5日テレワークを導入している企業もあり、取り入れ方は企業それぞれだ。なかには、繁忙期は出社し、閑散期はテレワークを許可している企業も。

 総務省が実施した調査「平成29年通信利用動向調査(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h30/html/nd144310.html)」によると、日本企業のテレワーク導入率は、2017年で13.9%だったことがわかった。2015年には一度16.2%まで上がったが、2013年には9.3%、2014年には11.5%だったことを考えると、テレワークを導入している企業は徐々に増えていることがわかる。

 そんなテレワーク、働く場所によって「在宅勤務(自宅利用型テレワーク)」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)」と3つに分けられる。それでは、ひとつずつ詳しく紹介していこう。

在宅勤務(自宅利用型テレワーク)

 在宅勤務(自宅利用型テレワーク)とは、その名からわかる通り、自宅で仕事を行うテレワークのこと。会社で決めた就業ルールに則っていれば、自宅で作業を進められる働き方だ。

 一般社員が在宅勤務を利用している場合もあるが、何らかの事情でオフィスに通えなくなってしまったときに利用する場合もある。妊娠や子育て、介護、病気、ケガなど、理由はさまざま。やむを得ない事情により利用される在宅勤務は、「通勤困難型テレワーク」と呼ばれることもある。

 また、在宅勤務は、外出が少なく、オフィス内で働いている職種が導入に向いている。例えば、総務や人事、プログラマーなど。基本は自宅で作業をこなし、ミーティングが必要な場合は、テレビ電話をしたりオフィスに出向いたりしていることが多い。

モバイルワーク

 モバイルワークとは、移動しているときや顧客先にいるときなどに、パソコンやスマートフォンを使って働くテレワークのこと。カフェやコワーキングスペースでの仕事も、モバイルワークに含まれる。

 モバイルワークの導入は、外出が多い職種に向いている。例えば、営業やディレクター、広報など。打ち合わせの合間にカフェでパソコンを開いたり、打ち合わせへ向かう移動中に電車内でスマートフォンをチェックしたりしている。

 総務省が実施した調査「平成29年通信利用動向調査」を見てみると、3種類のテレワークのうち、日本企業のモバイルワーク導入率が56.4%と、もっとも多い(在宅勤務の導入率は29.9%、サテライトオフィス勤務の導入率は12.1%)。モバイルワークは、今、日本でいちばんメジャーなテレワークといえる。

サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)

 サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)とは、オフィス(本社だけでなく支社も含む)以外のワークスペースを就業場所として定めているテレワークのこと。オフィス以外のワークスペースには、サテライトオフィスやスポットオフィス、テレワークセンターなどが挙げられる。

 「オフィスへの出社義務はないけれど、自宅にインターネットなどの作業環境が整っていない」「正式なオフィスはないけれど、決まった場所に出社する必要がある」「全国にメンバーがいるが、オフィスを構えていない」、このような場合に、企業がワークスペースと契約して、仮オフィスとして作業場所を確保している。

 また、外出が多いモバイルワーク利用者が、外出先でも落ち着いて作業できるようにと、サテライトオフィスを導入する企業も。

テレワーク制度を導入するメリットについて

 「在宅勤務(自宅利用型テレワーク)」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)」と、3種類に分けられるテレワーク。いずれの種類にしても、テレワークを導入することで、どのような影響があるのだろうか。

 そこで、テレワークのメリットとデメリットを解説していく。

・従...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。