オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

「楽楽精算」 経理のみではなく申請者にも優しいUIに刷新し利便性向上!

2020.08.24

 株式会社ラクス(本社:東京都渋谷区、代表:中村崇則)は経理のみでなく経費申請者も使いやすい申請画面の実現に向けて、ユーザーインターフェース(UI)を刷新したクラウド型経費生産システム「楽楽精算」Ver.9.7を2020年8月24日(月)より提供を開始する。

「楽楽精算」Ver.9.7のUI刷新ポイント

 8月24日(月)から提供を開始するクラウド型経費精算システム「楽楽精算」Ver.9.7では、表示と操作、機能の観点からUIを刷新する。楽楽精算の既存ユーザーと新規ユーザー、経費申請者と経理担当者の2軸での使いやすさを追求した。

 これまでの「経費申請者の入力の手間やミスの軽減」や「経理担当者の確認・差し戻しの手間や負担の軽減」などを改善し、業務効率化の実現を目指す。

すっきりUIでスムーズな入力

 

 これまで、申請者からは「どの項目に何を入力したらいいのかわからない。入力に時間もかかるし面倒」などの声が挙げられていた。

 ユーザーの目線を入力すべき箇所にスムーズに誘導するために、画面全体の配色を変更した。これまでは、入力箇所が複数に点在していたが(画像1枚目)、入力箇所をまとめて入力しやすい表示(画像2枚目)に変更した。入力や操作をスムーズに行うことができるように、ボタンの形状やアイコンを再設計し、申請者のミスを防ぐ。

経費明細追加防止のダイアログ

 

 これまで申請者からは「経費明細の入力漏れで差し戻されることがあり、いつも二度手間になる」という声が挙げられていた。

 経費明細情報の追加・編集ができる「明細追加」ボタンを新たに追加し、ダイアログを開く操作に刷新した。これまでは、経費明細追加を手入力する必要があったが(画像1枚目)自動でダイアログを開き必要な入力事項がわかりやすい表示(画像2枚目)に変更した。差し戻しがなくなることで、経理と申請者、双方の煩わしさを軽減する。

「明細コピー」機能を追加

 これまで申請者から、「行先はこの前と同じなのに、また最初から経費明細を入力しないといけないなんて面倒すぎる」との声が挙げられていた。

 既存の経費明細情報を簡単にコピーできるように、「明細コピー」のボタンを追加した。これにより、同じような内容の経費明細を0から入力する手間を削減することができる。

まとめ

 これまで「楽楽精算」では、経理担当者の使い勝手を追求していたが、「経費申請者の入力の手間やミスを軽減」すべく、申請者も使いやすいUIを追求するようになった。ユーザーの声を反映したこだわり設計に注目である。

<PR>