オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」11月16日から招待制でサービス提供開始

2020.11.18

 株式会社メタップス(本社:東京都港区、代表:山崎祐一郎)は、導入が急増しているSaaSを管理することで、企業と働く人を制約から解放する、SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」をリリースし、2020年11月16日から招待制で先行公開を開始し、2021年春を目途に正式リリースを目指す。

急速に進むDX化

 昨今、社会全体でデジタルトランスフォーメーションが急速に進み、特に企業においては政府主導の働き方改革などに後押しされ、効率化やコストの削減を目的にDXはさらに加速している。その中で、SaaSの導入は年々増加し、総務省の「平成30年版情報通信白書」によると、2020年には2015年の約2倍にあたる905.9億ドルまで市場規模が伸長する予測となっている。効率化の向上やコスト削減を目的としたSaaSの導入が増加する一方で、以下のような問題が発生している。

 1、お金/時間の無駄
 社内SaaSが複数になり、非アクティブアカウントや退職者アカウントが混在し、費用のロスが生まれる。また、運用/保守管理方法がバラバラであるため、属人化した様々な保守管理方法を実行する必要があり、管理にかかる時間のロスが生まれる。

 2、セキュリティリスク
 働き方の多様化により、オフィス以外の外部ネットワークからのアクセスが増加し、SaaSが多数存在する上、それぞれのアクセスを管理/モニタリングする必要がある。他にも、一部の社員や部署単位で使いたいSaaSを独断で導入してしまい、企業として管理できなくなる「シャドーIT」問題なども発生し、セキュリティ管理におけるリスクが生まれやすい状況になる。

 

SaaS一元管理ツール「メタップスクラウド」

 「メタップスクラウド」は、SaaS導入に関するお金と時間の無駄を改善する「SaaS管理」と、セキュリティリスクを抑える「ID管理」の2つの機能を備えたSaaS一元管理ツールである。

 「SaaS管理」では、利用状況やコストを可視化/分析し、アカウントの付与から削除まで一元管理し、利用されているSaaSの効率的な運用を実現する。

 「ID管理(IDaaS)」では、1つのID/パスワードで複数のSaaSへのアクセス権限の付与やアクセス状況をモニタリングできるアクセスコントロールを実装している。

様々なSaaSと連携予定

 メタップスクラウドでは国内外大手30社以上のSaaSと連携を予定しており、複数のSaaSのアカウント/コスト管理やID管理を一括で行うことができる。

まとめ

 本来ならば業務の効率化につながるSaaSの導入が、お金や時間の無駄、セキュリティリスクにさらされてしまっては、本末転倒である。SaaSを一元管理することができる「メタップスクラウド」の登場は、企業のDX化を後押ししていくのではないだろうか。

<PR>