オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

障がい者法定雇用率引き上げを受け、採用を増やす企業が約4割

2021.06.28

 株式会社リクルートスタッフィング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山本慎也)は、障がい者雇用を行っている企業を対象に、「障がい者雇用の実態調査」を実施した。

調査概要

 調査目的:民間企業における障がい者雇用の現状を把握することにより、これからの障がい者雇用について考える。
 調査対象:従業員数25~5,000人以上の企業に勤める男女20~60代(経営者/人事・労務担当者/総務担当者)n= 711
 調査期間:2021年6月5日~7日
 調査方法:インターネット調査

「障がい者雇用数を増やす予定」4割

 2021年3月に障がい者の法定雇用率が引き上げられたことを受け、障がい者雇用への取り組みについて企業に聞いたところ、「今までよりも障がい者雇用数を増やす予定」に加えて、「今までと同程度の障がい者雇用数を維持する予定」との回答が多く、障がい者の方の採用に積極的であることが分かった。

障がい者雇用を推進して良かった点

 多いものから順に「従業員における障がい者への理解が深まった」、「障がい者と一緒に働ける環境が整ってきた」、「ダイバーシティが推進された」など、環境づくりに関する回答が多くあげられた。

雇用における課題

 多いものから順に「障がい者の方に任せる仕事の切り出しが難しい」、「就業場所の確保が難しい」、「業務マネジメントが難しい」という回答が得られた。

雇用推進のために行っていること

 多いものから順に「受け入れ部署の理解促進」、「障がい者の方が働きやすい制度や勤務体系の導入」と、働きやすい環境づくりを中心に取り組んでいることが分かった。

テレワーク導入3割

 自社で雇用している障がい者のテレワークについて、「導入している」、「導入していないが、今後導入していきたい」を合わせると約半数が障がい者雇用におけるテレワークを導入、または今後の導入を検討していることが分かった。

まとめ

 本調査より、法定雇用率の引き上げに伴い、企業の障がい者雇用に対する積極的な姿勢がみられた。より推進していくために、働きやすい制度や環境整備を進めている企業が多くみられたが、その一環として障がい者雇用の方のテレワーク導入にも前向きなようだ。今後も、より多様な働き方が増えていくのではないだろうか。

<PR>