オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

「doda」中途・新卒入社者の定着サポートツール「HR Spanner」正式版を提供開始

2021.08.03

パーソルキャリア株式会社は、中途・新卒入社者の定着サポートツール「HR Spanner(エイチアールスパナー)」正式版の提供を、2021年8月2日(月)より開始した。

採用後の人材定着が企業の大きな課題

企業にとって人材定着は、人材確保と合わせて大きな課題である。厚生労働省によると、平成29年3月卒業の新卒入社者の3年以内の離職状況は、大卒就職者で32.8%※1、中途入社者においても、約30%が3年目で辞めてしまう実態が中小企業庁の調査※2で分かっている。さらにコロナ禍で、オンライン採用、リモートワークが広がり、「人材定着」支援は、より困難になっていると想定される。

パーソルキャリアが提供する「doda」は、これまで企業の“採用”を重点的に支援してきた。今後は、“「採用」から「定着」”までを一気通貫で支援すべく、中途・新卒入社者の定着サポートツール「HR Spanner」正式版の提供を開始する運びとなった。

※1:厚生労働省 新規学卒就職者の離職状況

※2:中小企業庁 第2-2-27図 中小企業における就業者の離職率(3年目)

サービス概要

「HR Spanner」は、中途・新卒入社者のコンディションを定期的にチェックすることで、社員の「今」を知りサポートする定着支援ツール。入社直後、月次コンディション、入社前後ギャップを測る3種類のアンケートを実施することができる。月次コンディションのアンケート結果は、社員一人ひとりの状態を時系列にレポート化し、ケアが必要な社員を特定。早期離職を回避するための適切なオンボーディング施策を提示する。また3種類のアンケート結果が蓄積されていくことで、企業の魅力分析や採用改善にも繋がる。

「社員の今」をデータで可視化

【特徴1】アンケート集計結果をもとに、仕事/人間関係/組織いずれかに対する満足度が低下しているなどの理由から、今フォローすべき社員がひと目で分かる。

【特徴2】中途・新卒入社者ごとのアンケート回答データを表示し、次に人事としてどう動くべきかについての推奨アクションを表示。定着支援のために、どのようなフォローを行うべきかがわかる。

【特徴3】中途・新卒入社者の小さな悩み・不安も素早く検知。入社したての社員と、以前同じ悩みを抱えていた既存社員との面談セッティングなど、社員間での適切なコミュニケーションを促すことで、現場主導型の定着支援を推進する。

まとめ

人材確保と共に企業の大きな課題となっている、人材定着。離職率が思うように下がらないのであれば、同サービスの導入を検討してみてはいかがだろうか。

<PR>