オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

DX人材育成には、IT教養セットで学べるリスキリング講座がオススメ

2021.09.29

即戦力IT人材育成を行う法人研修サービスを提供するインターネット・アカデミー(本社:東京都新宿区、学校長:大岡和雄)は、従業員のスキルアップ投資に積極的な企業向けに受講料の最大70%が給付金で支給されるReスキル講座を提供すると発表した。

インターネット・アカデミーのReスキル講座とは

Reスキル講座とは、IT・データを中心とした将来の成長が強く見込まれ、雇用創出に貢献する分野において、社会人が高度な専門性を身に付けキャリアアップを図る、専門的・実践的な教育訓練講座として経済産業大臣の認定を受けた講座。一定の要件を満たすことで厚生労働省より専門実践教育訓練給付金として受講料の最大70%が支給される。

受講料最大70%支給

本コースは経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定され、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度厚生労働大臣指定講座の対象講座に認定されている。一定の条件を満たすことで、受講料の最大70%(56万円)が支給される。

従業員のスキルアップに最適なReスキル講座

インターネット・アカデミーのReスキル講座は、Web制作に必要なHTML・CSSはもちろんのこと、本格的なサイトを作る上で必要なJavaScriptから、セキュリティ系の講座、IoTアプリの開発まで学べるセットコース。リスキリング講座で社員一人一人のIT教養を高めることで、DX人材の育成と活躍を狙った授業を提供する。

個人受講はこちら

法人導入はこちら

インターネット・アカデミーとは

インターネット・アカデミーは日本で初めてのWeb専門校として、1995年10月に開校した。以来、母体がWeb制作会社であるという強みと、トライアングルビジネスモデルに基づいたグループ企業との連携を活かし、即戦力となる人材の育成に取り組んでいる。また、2000年にWeb技術の標準化を行う世界最高位の団体「W3C」のメンバーとして日本の教育機関で初めて認定を受け、世界的な最先端技術の普及活動にも貢献。 現在は、その活動の場を日本のみならず世界的に展開し、アメリカはボストンとニューヨーク、そしてインドのIT都市であるバンガロールに研究開発拠点を設立している。

会社概要

学校名:インターネット・アカデミー
学校長:大岡和雄 社名: インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社
設立: 1995(平成7)年9月12日
資本金: 1億円 従業員数: 80名

まとめ

IT人材はDXを促進するために欠かせない。IT人材育成が課題となっているのであれば、本講座のように、専門実践教育訓練給付金として受講料の補助が受けられる指定講座を活用することを検討してみても良いのではないだろうか。

<PR>