オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

決算説明会資料などのIR資料に特化した「IR資料作成支援サービス」をリリース

2021.10.13

パワーポイントの資料作成を代行・支援している株式会社ストリームライン(所在地:東京都目黒区 代表者:梶山洋二)は、2021年6月に投資家向けパワーポイント資料に特化した新サービス「IR資料作成支援サービス」をリリースした。

IR資料作成支援サービスとは

決算説明会資料、中期経営計画書、投資家向け会社説明資料、成長可能性に関する説明資料、株主総会資料など、投資家向けのIR資料作成を企画構成からデザインまで、総合的に支援するサービス。累計600社以上、1,200部以上の豊富なビジネス資料作成経験を基に、IR資料の最適解を提案する。

サービスの4つの特長

1. 企画構成からデザインまで、ワンストップで対応。
2. ビジネスを理解した専任コンサルタントが、資料のあるべき姿を提案。
3. パワーポイントデザインの専門デザイナー集団が高品質を実現。
4. 特急料金・修正制限はない。資料作成はスピーディかつ柔軟に進行する。

2つのサービス

1. IR資料作成代行サービス
企画構成からデザインまで、IR資料のリニューアルをワンストップで代行する。資料の内容やストーリー、デザインを刷新したい企業や、社内にIR資料を内製する体制が整っていない企業に最適なサービスである。

2. IR資料定額メンテナンスサービス
資料作成代行とアドバイザリーサービスを掛け合わせ、1年を通してIR資料の継続改善をサポート。構成の大枠は固まっているが、さらに改善を重ねていきたい企業や、IR資料作成にリソース不足を感じている企業向けのサービス。

会社情報

会社名:株式会社ストリームライン
代表者:梶山洋二
所在地:東京都目黒区下目黒2-17-18 TERRA PORT MEGURO 3階
設立:2016年2月
事業内容:ビジネス資料作成代行サービス「バーチャルプランナー」の運営、各種コンサルティングなど

「コミュニケーションの合理化で、ビジネスを進化させる。」をミッションとし、企画構成からデザインまで、あらゆるビジネス資料の作成をワンストップで代行する「バーチャルプランナー」を提供している。

まとめ

IR資料は、投資家を保護し、機関投資家と個人投資家の情報ギャップを極力シームレスにしていくために、より優しく、わかりやすい資料とすることが求められている。自社での作成が負担になっているのであれば、代行サービスを活用してみてはいかがだろうか。

<PR>