オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

第7回ホワイト企業アワード受賞!社員の誰もが活躍できる社内環境が評価

2021.11.29

木造注文住宅を手がける株式会社アキュラホーム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮沢俊哉)は、社員自身の強みを発揮し、働きがいを向上させる「達人チーム」の取り組みにより、一般財団法人日本次世代企業普及機構(本部:大阪市中央区、代表理事:岩元翔、通称:ホワイト財団)が主催する第7回ホワイト企業アワードで「ダイバーシティ&インクルージョン部門」を受賞した。ホワイト企業アワードの受賞は今回で6回目。

100を超える「達人チーム」でお客様のニーズに対応できる人材へ

注文住宅建築では、お客様それぞれが持つご要望に応えることに加え、お客様自身が気付いていない潜在的ニーズまで応える必要がある。そのニーズは多岐にわたるため、幅広い知識が求められる。そこで、同社では社員自身がそれぞれの持つ強みや適性ごとの専門的な「達人チーム」を設立し、そこで深めた知見を社内全員に共有することで、お客様の多様なニーズに応えられるような仕組みで活動している。

「達人チーム」は、新型コロナウイルスの影響でオンライン会議が日常的に使われるようになり、遠方の担当者との打ち合わせが可能となったことで、活動が非常に活発なものとなった。より多くの社員と関係性を築くことができ、社内のコミュニケーションの活性化にもつながった。今ではデザイン、ローン、IOT、ペットなどの住宅建築に関わる専門チームや、特許、採用、ECサイトなど企業運営に関わるものまで100を超えるチームが存在。この「達人チーム」の成果は、アキュラホームグループ内のみならず、SABM会員も参加し勉強会(参加型研修)により情報を発信することで、社員の成長にもつなげている。

これまでのホワイト企業アワードの受賞歴について

「ホワイト企業アワード」は、ホワイト企業認定を受けた企業の中で、「将来性」「独自性」「再現性」「社会性」のある取り組みを募り、世の中に共有すべき制度や取り組みを表彰・発信するイベントである。
・第1回「CSR 部門賞、女性活躍部門」受賞(2016年)
・第2回「ホワイト制度部門」受賞 (2017年)
・第3回「オフィス環境部門」受賞 (2018年)
・第5回「コロナ対策部門」受賞 (2020年)
・第6回「理念共有部門」受賞 (2021年)
・第7回「ダイバーシティ&インクルージョン部門」受賞 (2021年)

まとめ

ダイバーシティとインクルージョンの推進は、企業の新たな魅力の一つとなり得るだろう。同社の取り組みを参考にしてみてはいかがだろうか。

<PR>