オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

元企業人社労士から見た企業を取り巻く今 ~目標管理編~

2019.12.10

季節は巡り……

 すっかり秋めいてきました。ついこの前までは「暑い! 暑い!」と言い、外出時には大きめのハンカチ(または小さめのタオル)と扇子を鞄に必ず入れていたことを思うと、直感的にも秋という季節が短くなってしまった? と感じてしまいます。そう言えばどこかのメディアに「科学的に見ても、日本の春と秋の期間が短縮化している」旨の記事が出ていましたね。この短い秋が終わると、もう冬支度の必要な年末ですね。人事総務の皆さんにとっては、多忙な賞与支給・年末調整の季節でしょうか? 前回もお伝えしましたが、私自身は30数年にわたる会社員生活の中で、そうした仕事を経験したことがないので、社労士としてクライアントの皆さんが多忙な季節を迎えられても、どこか「他人事」のような……(スミマセン)。

カイシャは仕組みで動くのだ!

 日々企業の皆さんと接していて感じることは、大企業は当然として中小企業においても、流石に「仕組み」が整っているなぁ……ということです。多く(ほぼ全て!)の業務を一人で考え、作り出していかなければならない個人事業主から見ると、組織を整え分業して行われている会社の業務は、一定の設計思想に基づいたシステマティックなものに思えてくるのです(実際そうで、必要に迫られて分業してきた訳ですから)。そこには会社の...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。