オフィスのミカタとは

福利厚生がもたらす効果とは? ユニークな福利厚生の導入事例

2019.04.15

 福利厚生は、企業に就業する際の基準の1つとなり得る。その上で、福利厚生が優れていればいるほど、従業員の定着率も高くなるのは事実だ。

 また、経営の手法が変わりつつあり、従業員と企業が相互に意思疎通を図りながら企業体として成果を上げていくといった手法が必要とされている。その上で、福利厚生に関しても、働き方改革に関連して従業員の満足度を上げるような制度を作っていく必要性がある。

 では、現在のような福利厚生の形はどうやって出来上がったのだろうか。福利厚生の歴史や役割などに触れたうえで、実際にユニークな福利厚生を同時にしている企業について解説していく。

福利厚生の歴史

 福利厚生は簡潔に言えば、給料以外の従業員に対するサービスのことを指す。まずは、福利厚生の歴史について見て行こう。

 福利厚生の歴史は近代化が始まった明治時代までさかのぼることができる。例えば、鉱山や工場などの職場で、宿泊施設の提供や食事の提供などが行われており、このようなサービスは福利厚生の一部だととらえることができるだろう。この頃には福利厚生という言葉はまだなかったものの、付随する考え方そのものは出来ていたと言っても過言ではない。

 本格的な福利厚生に目が向けられたのは、戦後からだ。1950年~1970年に関しては失業保険や雇用保険などの制度が登場しており、現在の法律や社会保障の一環となっている。また、戦後では宿舎や食堂の提供が多かったものの、高度経済成長期では家賃の支援や寮の提供などに切り替わっていった。

 そして、1990年からのバブルの崩壊後には、福利厚生にかける費用を抑えるために、ホテルやレストランなどのサービスを従業員に対して付随するなど、サービスの外注化が主流になっていった。

 最新の福利厚生に関しては、外注のサービスを充実させるとともに、会社内部での福利厚生を整えなければ社員の定着率が安定しないといった状況になってきている。

 また、自社保有の社宅や保養施設を持っている企業は限られており、そういった施設の維持費用も企業が負担する必要性がある。加えて言えば、福利厚生に関しての手続きも外注化されており、制度の充実が社員のやる気に繋がることから、今後はさらに福利厚生の内容を精査していかなければ、社員が定着しないといった事態に陥る可能性があると言えるだろう。

福利厚生の役割と効果

 福利厚生の役割は、給料以外の部分で従業員の満足度や生活を支えるといったものだ。そして、期待される効果は従業員の満足度を高めたうえで、生産性の向上や定着率の強化にある。

 福利厚生は大きく分けると法律で定められている雇用保険や厚生年金保険などの社会保険料を含んだ法定福利厚生と、住宅手当や交通費などの法定外福利厚生に分けられる。

 法定福利...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。