オフィスのミカタとは

仕事の生産性に関わる「健康経営」の考え方

2019.04.22

 経営の新しい形として、「健康経営」の考え方が浸透しつつある。経済産業省では、2016年度からハンドブックをホームページ上で配布しており、政府としても健康経営を推進したいという狙いがあると言えるだろう。

 加えて言えば、健康経営は健康診断などの基本的な取り組みだけでは不十分だ。では、どういった考えや体制のもと、健康経営を導入していくべきなのだろうか。ここでは、健康経営の考え方や効果などにふれたうえで具体的な事例などについても見ていこう。

健康経営のもたらす効果とは

 健康経営の目的は、簡潔に言えば、従業員に対する健康管理を個人任せではなく経営の主軸として捉えることによって、組織全体のパフォーマンスを向上させることだ。

健康経営の効果は、
・生産性の向上
・モチベーションの向上
・業績アップに伴う、企業全体への更なる還元
・ミスが減少することから全体的なコスト削減が可能
などといった好循環のサイクルを作り出すことが可能だ。

 例えば、従業員の健康状態の維持や改善が企業全体の取り組みとして行われている場合、集中力の向上や労働生産性の向上などにも繋がる。また、健康を維持するための休暇なども健康経営の1つの考えであり、実際に健康経営によって企業の業績がアップしたという事例が多数ある。

 健康経営とは、1992年に出版された「The Healthy Company」の著者である経営学及び心理学の専門家であるロバート・ H ・ローゼンが提唱したものだ。ちなみに、この著書の中では、健康経営を実践した企業が紹介されており、企業として健康に力を入れることが、どういった効果を生むのかを詳しく述べている。

健康経営は企業全体に重要な要素

 健康経営は、従業員だけではなく、企業全体として取り組む必要性がある。企業全体として、取り組むことにより、従業員のストレスを軽減し、業務の偏りの解消なども行うことが可能だ。

 例えば、時間外労働が慢性化している環境下では、従業員のモチベーションは低くなり、生産性は著しく低下する。また、心身の不調によって重大なミスにつながる可能性もあるが、健康経営を取り入れることによっ...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。