オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

社内業務におけるアウトソーシングの在り方を徹底解説!

2019.06.19

 日本の企業は、アウトソーシングを利用している企業が非常に多い。各企業はコストを抑えながら利益を向上させる必要があり、業務委託を利用した場合、他の企業に自社の業務を任せ、業務の効率化を図ることが可能だ。

 アウトソーシングは人材の確保が行えない場合などに役立つ。では、社外に企業内の業務を任せる際に問題はないのだろうか。また、実際にアウトソーシングを行うことによって、企業の経営状態や主幹業務に対してどのような効果を生みだすことができるのだろうか。

 ここでは、アウトソーシングの概要と社会背景、メリット及びデメリットについて詳しくみていこう。

アウトソーシングと日本の企業の実状

 アウトソーシングを利用する目的は、企業内の業務を他社に任せることによって効率化を図り、自社の人材に対する負担を軽減するためだ。例えば、企業の主幹業務と雑務はどちらも必要であるものの、雑務を他の企業に任せることによって人員に対する負荷が減少させることができる。そのため、結果として、主幹業務の売り上げが向上するなどといった効果を期待できるのだ。

 また、アウトソーシング...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。