オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

総務担当者必見! 「攻めの総務」に必要なことと取り組み事例

2019.12.24

 総務の仕事といえば、「縁の下の力持ち」といったサポート的な業務をイメージする人が多いのではいだろうか。しかし近年では、総務に求められる役割も変わりつつあるようだ。これまでの「守り」ではなく、「攻めの総務」「攻めのバックオフィス」として戦略的に社内の業務改善に取り組むという考え方が広がっている。

 実際に、総務担当者として「攻め」に転じ、「戦略総務」を行うためにはどのような取り組みをするべきなのだろうか。今回は、「攻めの総務」が求められる理由や必要なこと、企業における具体的な取り組み事例を見ていく。

目次

●攻めの総務が求められる理由
●攻めの総務になるために必要なこと3つ
●攻めの総務を目指した取り組み事例

攻めの総務が求められる理由

 これまで総務に求められていた役割は、管理部門としての部署間の調整役や、従業員が安心して業務に取り組める環境づくりといったサポート業務や日々の細かなルーティンワークが主だった。なぜ今、「攻めの総務」が求められているのだろうか。ここでは、その理由について見ていこう。

経営におけるスピードの変化
 企業間競争などが激化している中、経営にもスピードが求められている。変化やスピードに適応し、生産性や企業価値の向上、競争力の強化を図るためには、総務が企業変革の中心部署となり動くことが求めらる。そのためには、従来の管理型業務ではなく経営視点での戦略的業務が必要になるだろう。

労働力の減少
 深刻な人材不足が叫ばれる中、優れた人材を確保し雇用を安定させることは総務の重要な役割だ。そのためには、従業員エンゲージメントの向上を図ることもカギとなる。働きやすい環境整備に留まらず、ダイバーシティや福利厚生など、近年総務が取り組むべきことは多く、積極的に施策を講じる姿勢が求められる。

ワークスタイルの多様化
 働き方改革が進み、企業にもワークスタイルの変革が求められるようになったことも理由の一つと言える。時短勤務や在宅勤務など、さまざまなワークスタイルに対応し、社員が快適に働ける職場環境を実現させることも総務の大切な役目となる。これまでの型にはまった働き方にとらわれず、柔軟対応を率先して行う意識を持っていたい。

攻めの総務になるために必要な3つのこと

 会社を飛躍へと導く総務。一段階レベルアップを図り「攻めの総務」になるためには、どのようなスキルが必要なのだろうか。ここでは、攻めの総務になるために必要なことを紹介する。

①状況を正確に把握し管理する
 総務には、四大経営資源と言われる「人」「モノ」「カネ」「情報」すべてを把握し管理する役...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。