オフィスのミカタとは

全社員がテレワーカー!TRIPORT株式会社が、厚生労働省・総務省・東京都から表彰

2019.02.15
オフィスのミカタ編集部

TRIPORT株式会社(本社:東京都新宿区)は、平成30年度『輝くテレワーク賞 特別奨励賞』(厚生労働省)、『テレワーク先駆者百選』(総務省)、『東京ライフ・ワーク・バランス認定企業』(東京都)において、それぞれ表彰・選出・認定された。

■『輝くテレワーク賞 特別奨励賞』(厚生労働省)

働き方改革を推進する目的のもと、テレワークの活用によって、労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に顕著な成果をあげ、他の企業・団体の模範となる取組を行う企業・個人を表彰する。TRIPORT株式会社は、特別奨励賞を受賞した。
※優秀賞は味の素株式会社、特別奨励賞はアフラック生命保険株式会社・SCSK株式会社も同時受賞している

■『テレワーク先駆者百選』(総務省)

テレワークの導入・活用を進めている企業・団体の中から、十分な実績を持つ企業等を「テレワーク先駆者百選」として選出する。平成30年度はTRIPORT株式会社を含む36団体が選出された。

■『東京ライフ・ワーク・バランス認定企業』(東京都)

生活と仕事の調和の実現に向け優れた取組を実施している中小企業等を認定する。平成30年度はTRIPORT株式会社を含む11社が認定された。

【TRIPORTの取り組み】全社員テレワーク勤務

世の中には、育児・介護中など「働く意欲・能力は高くても”出社”できないために働くことができない人が多くいるのが現状だ。
TRIPORT株式会社では、ITインフラ等を駆使し、出社するのと同等以上の環境を作ることで、そのような人でも問題なく就業できる環境を構築。また広く全国から優秀な人を採用することを目的として、全社員テレワーク体制を採用し、その結果、関東・中部・関西・九州・沖縄地方でも従業員を採用している。

【TRIPORTの取り組み】「時間的制約」を排除する各種制度を導入

会社が従業員の働き方の枠組みを固定化してあてはめるのではなく、従業員1人1人の価値観・個性を尊重し、ライフスタイルごとに最適な働き方を取り入れている。
一方で、最適な働き方においても待遇面で不利にならないように制度設計をし、かつ、どのような働き方であっても重要なポジションに就け、自律的に仕事を行う環境を構築。
既存の働き方の概念を覆し、「”働く”を自由に」するべく、日々「新しい働き方」を構築している。

■『働き方コーディネート』サービス

株式会社TRIPORTでは、上記のような自社での取り組みだけでなく、世の中のあらゆる企業の”従来の働き方”に対して、その企業ごとに最適な”新しい働き方”を提案。社内制度整備からインフラ整備、運用サポートまでワンストップ対応する『働き方コーディネート』サービスをリリースしている。
『働き方コーディネート』サービスでは、それぞれに導入した”新しい働き方”がより実効性の高いものとするために、従業員の実態調査・分析、各種業務インフラの整備等を含め、継続的に運用をサポート。

また、改革に必要な資金についても、同社『助成金コーディネート』サービスのノウハウを活用し、企業ごとに最大限助成金を活用できるようサポートすることで、資金力に不安がある中小零細企業でも改革が実現できるよう資金面でもサポートしている。

■まとめ

今後ますます深刻化する労働力不足において、労働力の確保は重大な課題だ。育児・介護中の人など、「働く意欲・能力は高くても”出社”できないために働くことができない人」はまだまだ多いのが現状。
”従業員が幸せになる”ような”新しい働き方”を日々構築し、実践している株式会社TRIPORTの取り組みを参考に、自社の制度を見直してみてはいかがだろうか。

<PR>