オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

導入数1,000拠点突破!株式会社KOMPEITOが独自の電子決済システム「YASAI PAY」をリリース

2019.03.01
オフィスのミカタ編集部

株式会社KOMPEITO(本社:渋谷区)が展開するオフィス向け“置き野菜”サービス 「OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)は、累計導入数1,000拠点を突破した。
また、独自の電子決済システム「YASAI PAY(野菜ペイ)」のリリースにより、これまでの“置き型サービス”の課題を解決すると共に、テストマーケティング事業を拡大。消費者と生産者をより豊かにするサービス構築を加速させていくようだ。

■電子決済システム「YASAI PAY」とは

「OFFICE DE YASAI」はオフィスに冷蔵庫を設置し、その場で食べられる新鮮なサラダやフルーツ、健康にこだわった惣菜を届ける福利厚生サービス。
2014年にサービス開始以降、ベンチャーや大手企業などが導入し、累計導入数1,000拠点を突破した。

加えて、「OFFICE DE YASAI」導入企業が使える独自の電子決済システム「YASAI PAY」をリリース。無料の専用アプリをインストールし、冷蔵庫内の購入したい商品のバーコードリーダーをカメラで読み込むだけで、事前に登録したクレジットカードでの決済が可能だ。
これまでの小銭支払いより簡単に、最短2タップで決済が完了する。キャッシュレス化を促進し、ユーザーの利用がより便利になるサービスだ。

■テストマーケティング事業への活用

今後は「YASAI PAY」を、テストマーケティング事業にも活用していくという。
これまで「OFFICE DE YASAI」を導入する1,000拠点に所属するオフィスワーカーにアプローチでき、国内の食品メーカー各社から様々なテストマーケティング依頼を受けてきた。
メーカー各社や自治体から依頼を受けた商品を「OFFIE DE YASAI」内で販売し、利用者であるオフィスワーカーの声をアンケートとして収集、さまざまな商品のテストマーケティングや商品開発に活用されてきた。
今回の「YASAI PAY」の活用により、それらがシステム上でよりスムーズかつ手軽に実施できるようになる。
同時に、オフィスワーカーの購買履歴データの蓄積も可能になり、マーケティングへの活用が期待される。

■テストマーケティング事例の紹介

<宮崎県産きんかん「たまたま」>
販売元 :宮崎県
商品  :宮崎県産完熟きんかん「たまたま」
実施期間:2019年2月18日〜2019年2月26日
実施内容:YASAI PAYを利用して購入の場合、無料で提供。アンケート実施あり。

・販売元担当者様のコメント:
今回のテストマーケティングに当室が期待することは、オフィスワーカーの皆様の健康志向の関心度や「たまたま」の認知度向上です。
この機会に、宮崎県の特産「たまたま」の“生で皮ごと栄養補給”という特長を一人でも多くの働く皆様に知っていただければと存じます。
また、お客様の声を生産者に届けることができるので、
今後の生産にも活かしていけることを期待し、レビューを楽しみにしています。

<日本製粉株式会社「ビーツとベリーのスムージー」>
販売元 :日本製粉株式会社
商品  :ビーツとベリーのスムージー
実施期間:2019年3月18日〜2019年3月29日
実施内容:YASAI PAYを利用して購入の場合、無料で提供。アンケート実施あり。

・販売元担当者様のコメント:
私たちは野菜を手軽に効率よくとれる商品の開発を目指しています。
オフィスで働く方々が、いつ、どんな時に、何が欲しいのか?という生の声を知ることができるのは、大変貴重に感じております。
アプリ導入により今まで以上に情報が得やすくなり、開発に活かしていけることを期待しています。

■まとめ

毎日忙しい時間を過ごしているオフィスワーカーにとって、会社で新鮮な野菜や果物を食べれるのはありがたいサービスと言えるだろう。テストマーケティングとしても利用できるため、福利厚生サービスの一つとして検討してみてはいかがだろうか。

<PR>