オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

フードロスを美味しく解決!冷凍果物「HenoHeno」法人向けサービスを開始

2019.03.19
オフィスのミカタ編集部

特殊冷凍機商社であるデイブレイク株式会社(東京都品川区東品川2丁目2−33)は、フードロスを美味しく解決する「HenoHeno」のオフィス向け提供サービスを2019年3月18日からスタートした。

■「フードロスを美味しく解決する」がコンセプト

環境省が発表した平成27年度の食品ロスは約646万トン。今日本では、まだ食べられる食品が廃棄される「食品ロス」が大きな問題になっている。そのため農林水産省は食品ロス削減を推進中だ。そんな中、「フードロスを美味しく解決する」をコンセプトに「HenoHeno」が誕生。破棄する予定の果物を特殊冷凍技術で冷凍し、新食感に作り変えた商品だ。

■「HenoHeno」でオフィスを元気に!

デイブレイク株式会社は今回の法人向けサービスで、職場の環境改善も目的にしているようだ。

<生産性の向上>
休憩や仕事の合間にフルーツを食べてリフレッシュ!

<コミュニケーションの活性化>
HenoHenoをきっかけに会話が生まれる!

<従業員満足度の向上>
フルーツの提供という福利厚生に!

<従業員の健康改善>
ビタミンCなど不足しがちな栄養を手軽に補給!

■「HenoHeno」の特徴

<特殊冷凍が作り出す"新食感">
アイスなのに、噛みしめる新しい食感。特殊冷凍技術の凍結方法で、ガリガリでなくサクサク食べる事ができる。

<無添加なのに"風味"が残る>
凍結のみで品質を維持し、すべて無添加。
口に入れるその瞬間に、冷凍前の風味がそのまま口の中に広がる。

<純国産の"高級"果実>
使用する果物はすべて破棄されるはずだった純国産の高級果物。市場や生産者と提携し豊富なラインナップで提供する。(使用果物一例:シャインマスカット/マスクメロン/あまおう/宮崎マンゴー...など)

■まとめ

食品ロスはいたるところで問題になっている。この問題を解決しながら、新しい福利厚生として職場で活用できる本サービス。自社での活用を考えてみてはいかがだろうか?

<PR>