オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

20代の転職先を選ぶポイント「仕事内容」「勤務地」「事業内容」~20代の転職・仕事観の意識調査~

2019.04.16

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区)は、『エン転職』、『AMBI』利用者を対象に「転職・仕事観」について調査を実施。20代が転職先を選ぶ際に重視するのは、仕事内容、勤務地、事業内容という結果となった。

■転職先を選ぶ際の重視点は?

20代が転職先を選ぶ際に重視すること
20代が転職先を選ぶ際に重視すること

転職サイト『エン転職』『AMBI』利用者を対象に、転職先を選ぶ際の重視点とどれだけ重視するかを聞いたところ、重視する(重視する+やや重視する)と回答者の割合が高い項目上位3つに挙がったのは、「仕事内容」(82%)、「勤務地」(81%) 、「事業内容」(76%)という結果となった。

■転職先を選ぶ際20代と30代は何が違うか

転職先を選ぶ際に重視すること(年代別)
転職先を選ぶ際に重視すること(年代別)

転職先を選ぶ際に重視する(重視する+やや重視する)項目を年代で比較。20代と30代前半で大きく差が出た項目は「裁量の大きさ」(差:16)、「評価制度」(同:14)、「社会貢献度」、「給与」、「休日」(同:11)。一方、30代前半は「知名度」が20代よりも高い結果になった。

■年収によって転職先に望むものの変化

転職先を選ぶ際に重視すること(年収別)
転職先を選ぶ際に重視すること(年収別)

転職先を選ぶ際に重視することを20代年収別にみると、年収800万円以上の方は年収400万円未満よりも「事業戦略」(差:33)、「ビジョン」(同:19)、「事業内容」(同:16)を重視している。一方、年収400万円未満の人は、年収800万円以上の人方よりも「休日」、「オフィス環境」、「勤務地」を重視している。

■理想は仕事とプライベートが両立できる!

理想の働き方・キャリア キーワードランキング
理想の働き方・キャリア キーワードランキング

理想の働き方・キャリアに関する頻出キーワードをランキングにしたところ、第1位は「プライベート」だった。「仕事とプライベートが両立できる働き方をしたい」「仕事は仕事、プライベートはプライベートでどちらにも集中できる環境が希望」といったコメントが多くあった。
第2位は「評価」。「年功序列ではなく実力が評価される職場」「リモートワークなど勤務体系にとらわれずに成果で評価されたい」といった正当な評価に対する意識が強いようだ。
第3位は「両立」。第1位の「プライベート」とも関連して多く使われていることに加え、「子育てと両立できる働き方が望ましい」といったコメントも多い。
年収別で見ると、年収800万円以上では「貢献」「社会」「社会貢献」というキーワードが上位に挙げられている。「社会貢献をしていると感じられる事業に携わりたい」「自分のやりがいと社会への貢献度がリンクする仕事がいい」といったコメントが見られた。

■「プライベート」に関するコメント

・やりがいを感じながらも、しっかりと短時間で成果を出し、仕事とプライベートの両立ができる働き方。(24歳/年収500万円~599万円)
・会社に頼らず生きていけるスキルを身につける 。ただし、仕事だけにならず、プライベートも充実させたい。(27歳/年収600万円~699万円)
・会社が成長するように個々の能力を上げることに加え、プライベートの充実も大事にしたい。(27歳/年収400万円~499万円)
・プライベートでの充実を糧にして、仕事のパフォーマンスや意欲を最大化できる働き方。(28歳/年収800万円以上)
・しっかりと休みや自分の時間が確保できて、仕事とプライベートのメリヘリが取れる働き方が理想です。給与はもちろん多いほうが嬉しいがそこまで高望みせず、それなりにもらえたらいいくらいです。(28歳/年収300万円~399万円)

■「評価」に関するコメント

・自分がいきいきと働ける環境で平等に評価されると切磋琢磨できる。(24歳/年収400万円~499万円)
・自身の努力が正当に評価され、仕事を通じて自分自身のスキルアップやキャリアパスに繋がること。(26歳/年収500万円~599万円未満)
・評価基準がはっきりと示されていて、上司や経営陣と同じ方向を向いて働ける職場。自分の経験を重ね、会社及び自分の価値を高めていける環境。(27歳/年収400万円~499万円)
・結果を出せば相応の評価、報酬が返ってくる環境。周囲の人間と高め合える環境。(27歳/年収400万円~499万円)
・評価が公平であること。評価内容を十分に伝えること。企業のトップが一貫した言動をとること。(28歳/年収600万円~699万円)

■「両立」に関するコメント

・仕事と家庭の両立。現在の職場は会社でしか仕事ができないが、遠隔会議など柔軟に働ける環境を見つけたい。 また、年功序列ではなく、能力のある人を適切に評価する社風の中で自身の能力を磨きたい。(25歳/年収500万円~599万円)
・どこの環境にも適応ができて自分の能力が活かせるプロフェッショナルになること。家庭と仕事を両立させたい。(25歳/年収600万円~年収699万円)
・家庭、プライベートと両立ができる。もしくはダブルワークでやりたいことと両立ができる。(27歳/年収400万円~499万円)
・男女問わず育休産休の取りやすい企業。仕事と家庭の両立を無理なく図れる働き方で、キャリアUPのチャンスが皆平等に与えられる企業で働くこと。(29歳/年収400万円~499万円)

■調査概要

・調査対象:『エン転職』『AMBI』を利用している20~34歳の男女
・調査時期:2019年3月12日~3月19日
・有効回答数:1,451名

■まとめ

20代の転職先の職場選びは、ワークライフバランス、仕事内容、勤務地、事業内容などから、自分にとって何が大切なことなのか、優先順位を考えることも大切になっているようだ。
20代は経験やスキルよりも将来性を重視される年代。新入社員の定着率をあげるためにも、若い世代が長く働きたいと思う職場とはどういったものか、模索していくことが重要になってくるだろう。

<PR>