オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

リモートワーカーの「孤独問題」を緩和!~月額2万円を補助する「コワーキング手当制度」を導入~

2019.04.17

メンバー全員がフルリモートでWebサービス開発・運営事業を展開する株式会社NEEDCREATE。リモートワーカーの多くが抱える「孤独感」という悩みを解消し、より働きやすい組織にすべく、月額2万円までのコワーキングスペース代を補助する「コワーキング手当制度」を導入した。

■リモートワーカーが抱える悩み

出典:平成30年版 情報通信白書(総務省)
出典:平成30年版 情報通信白書(総務省)

昨今、働き方改革に伴い、「テレワーク」や「リモートワーク」といった、オフィスに通わない働き方をする企業・個人が増えている。
総務省の調査によると、日本においてリモートワークを導入している企業の割合は13.9%と、増加はゆるやかだ。リモートワーク発祥の地アメリカでは、すでに8割以上の企業がリモートワークを導入しており、日本でも労働人口の減少などによる働き方改革の影響で、今後ますます増加することが見込まれる。
また、政府はリモートワークを推進させるための取り組みとして、2020年までに企業(従業員30人以上)におけるテレワーク導入率を35%にする政策目標を発表するなど、具体的な数値目標を掲げている。
リモートワークには、「通勤時間の削減」や「生産性の向上」「仕事と家庭の両立」といった多くのメリットがある一方で「孤独感」を感じやすいというデメリットもある。
「場所」の悩みに開放された一方、「孤独」という精神的な悩みに縛られてしまうリモートワーカーは多くいる。実際、「リモートワークで心身のバランスを崩してしまった」「リモートワークは孤独との戦いである」という記事がネット上で多く散見されているのが現状だ。
このような「孤独問題の解消」に有効な手段として、「コワーキングスペースでの業務実施」や「カフェでの業務実施」など、自宅と職場を切り離し、ソーシャルな空間で業務を行うという方法が推奨されている。

■コワーキング手当制度の導入と固定コワーキングスペースの契約について

同社は、「責任を伴った自由な働き方で日本を代表するサービスを創出する」ことをミッションに、パートナー(月額開発)型の開発と、自社サービス開発の2つの事業を行っている。
現在、日本・世界各地にメンバーがおり、「好きな場所で働く」という新しい働き方を全社で体現しているが、リモートワーカー特有の悩みである「孤独感」の解消や、「オフィスに通いたい」という社員の希望を叶えるべく、月額2万円までのコワーキングスペース代を補助する「コワーキング手当」を導入した。
さらに、東京都中央区京橋にあるコワーキングスペース「fabbit」を固定オフィスとして契約した。
これにより、「一人で集中する時間」や「外部の環境に身を置く時間」のバランスを整え、心身をケアしながらより自分にあった働き方を実施することが可能となる。
オンラインとオフラインをうまく住み分けることで、働き方に対する満足度を向上させ、高いパフォーマンスを発揮できるような環境を構築した。

■NEEDCREATEの目指す働き方

NEEDCREATEは、創業時から「責任を伴った自由な働き方で日本を代表するサービスを創出する」というミッションを掲げ、日々業務に向き合っている。
「柔軟かつ、働きやすい会社」と誰からも思われるよな組織作りを目指しており、メンバー全員がフルリモートを実践している。
各々が好きな場所で、好きなように働くことで、最大限のパフォーマンスを発揮できることを最優先にしているためだ。
責任を伴った自由な働き方を実現しながら自社/受託の両方で高いバリューを発揮し、日本を代表するサービスを開発することがNEEDCREATEの大きな目標だ。
現在、自由な働き方でも結果を出せるような強固な組織を作り、「距離は力である」と信じて、フルリモートを実践している。
今後も、ミッションである「責任を伴った自由な働き方」を達成すべく、働きやすさを重視した制度を随時取り入れていく方針だ。
自社内だけではなく、リモートワークをさらに日本に波及すべく、ロールモデルとなるような組織づくりを目指していく。

■fabbit京橋概要

・所在地
〒104-0031
東京都中央区京橋 1-1-5 セントラルビル2F
・時間
平日、土日祝問わず24時間利用可能。
・アクセス
東京駅八重洲口から徒歩4分。
東京メトロ銀座線・日本橋駅や京橋駅も徒歩5分圏内の、一等地にあるワークスペース。

■まとめ

日本では、まだ馴染みの薄いリモートワーカー。しかし、労働人口の減少などによる働き方改革の影響で、今後ますます増加することが見込まれる。企業はリモートワークのできる環境整備だけでなく、「孤独問題」など、リモートワークによるデメリットにも着目して対策を進めていく必要がある。コワーキング手当制度の導入や固定のコワーキングスペースを契約をすることで、社員全員が心身のバランスを整え、より満足度の高い働き方の実現を目指していくことができるこのような取り組みは、企業にとって非常に重要であるといえるだろう。

<PR>