オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

人手不足が深刻な「製造職」。約6割が1年未満で退職するその理由とは?

2019.05.08

ディップ株式会社(本社:東京都港区)のディップ総合研究所は、製造職として勤務経験のある雇用者に対して、「製造職雇用の意識調査」を実施した。その結果、人手不足が深刻な「製造職」において、勤務経験者の約6割が1年未満で退職していることが分った。その退職理由は、「雇用が安定していない」「仕事のやりがいがない」などであった。

■調査結果のまとめ

1. 製造職における勤務期間は、1年未満が57.4%
2. 製造職の就業者の辞めたい理由、退職者の退職理由どちらにも「仕事のやりがいがない」が上位ランクイン
3.「仕事のやりがいがない」と感じる理由は、「同じ業務ばかりで単調である」41.7%、「自分でなくてもできる業務が多い」31.3%

■調査結果1:製造職における勤務期間は?

ライン作業、加工・組み立て、検査、品質管理などを行う製造職。製造職における勤務期間を調査したところ、1年未満が57.4%という結果となった。そのうち1カ月未満の勤務期間が22.0%いる一方で、10年以上製造職に勤務している人は1.2%にとどまった。

■調査結果2:製造職を「辞めた」「辞めたい」理由、BEST5

製造職の退職者へ退職理由を聞いたところ、1位は「雇用が安定していない」で34%、2位は「仕事のやりがいがない」32.9%であった。また、製造職を辞めたい就業者に辞めたい理由を聞いたところ、「仕事のやりがいがない」が47.1%で1位にランクインした。製造職は、仕事のやりがいを感じにくい環境にあるといえるだろう。
その他の理由には「職場環境が整っていない」や「給与(収入)が仕事内容の割に不十分である」といった声も上位にあり、こういった理由も製造業にやりがいを感じられない要因となっているのかもしれない。

■調査結果3:製造職において「仕事のやりがいがない」と感じる理由は?

「仕事のやりがいがない」と感じる理由を聞いたところ、「同じ業務ばかりで単調である」が41.7%と約半数の人が回答しており、つづいて「自分でなくてもできる業務が多い」が31.3%という回答結果となった。「評価をきちんとされていない」と感じる人は20.4%、「人とのコミュニケーションがなく、つまらない」と感じる人は11.4%いた。

■まとめ

調査結果から、雇用形態や給与などの就業条件だけでなく、「仕事のやりがい」「職場環境」なども就業意欲に大きく関わっていることが明らかになった。また、就業期間が短い就業者は特に「職場環境」、就業期間が長い就業者は「給与」「昇給・評価」にも不満を感じる傾向があった。従業員の育成や定着のためには、仕事のやりがいを感じられるように、業務内容の見直しを行い業務の幅を広げることや、就業期間に応じたフォローが必要と言えそうだ。

■調査概要

調査設計・分析:ディップ総合研究所 ディップレポート編集室
調査名:ディップ総合研究所「製造職雇用の意識調査」
調査手法:インターネット調査(外部調査機関)
調査対象:全国の製造職として勤務経験のある雇用者
調査実施時期:2019年4月2日(火)~2019年4月4日(木)
有効回収数:3,101サンプル

■出典

ディップ総合研究所 「製造業」就業者の実態! 約6割が1年未満で退職! 理由は「雇用が安定していない」「仕事のやりがいがない」(https://www.baitoru.com/dipsouken/all/detail/id=320)