オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

アルバイトの時給を最大1,300円へ引き上げ~ZOZOバイト改革始動~

2019.05.14

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営する株式会社 ZOZO(本社:千葉県千葉市)は、物流サービスレベルの更なる向上と共に、アルバイトスタッフが楽しく働く環境を目指し「ZOZOバイト改革」に取り組むことを発表した。物流センター「ZOZOBASE」のアルバイトスタッフの時給引上げや採用拡大などを実施予定だ。

■「ZOZOBASE」とは?

 「ZOZOBASE」は、ZOZOTOWN に出店しているショップの商品を取り扱い、採寸や撮影、発送などの一連のフルフィルメント業務を担う、千葉県習志野市、茨城県つくば市に拠点を置く物流センター。

 ZOZOBASE では日々、顧客が注文した商品を、少しでも早く、丁寧に届けるための工夫や改善を重ねているが、これらの業務は正社員のスタッフだけでなく、多くのアルバイトスタッフや派遣スタッフによって支えられている。

■「ZOZOバイト改革」

 「ZOZOバイト改革」では、全アルバイトスタッフを対象に週の勤務日数に応じた時給の引き上げを行い、また、一定基準以上のパフォーマンスを発揮したアルバイトスタッフには、ボーナス(賞与)を支給する。

 時給の引き上げについては、ZOZOBASEで働く全アルバイトスタッフを対象に、週の勤務日数が3日以下のアルバイトスタッフは時給額1割増の1,100円、4日以上のスタッフは時給額3割増の1,300円への引き上げを、2019年6月1日(土)より実施。時給1,300円は、千葉市の庫内作業関連のアルバイト平均時給額1,068円に対し約120%の高水準となる。また、ボーナスについては、ZOZOBASEで働く全アルバイトスタッフのうち、一定基準以上のパフォーマンスを発揮していると評価されたアルバイトスタッフが支給対象となり、ひと月あたり最大1万円となる。

 さらに、今後の商品取扱規模の拡大を見込み、過去最大規模となる 2,000人のアルバイトスタッフを新たに採用する。

■「楽しく働く」をアルバイトスタッフにも体現

 ZOZOBASEでは、株式会社ZOZOが大切にする「楽しく働く」をアルバイトスタッフにも体現してほしいという思いから、自由な服装・髪型で働くことができるほか、スタッフが利用する休憩室にもアート作品やデザイナーズ家具を置くなど、スタッフ同士の交流を促し、リラックスできる空間づくりにも取り組んでいる。

 アルバイトスタッフの時給引上げや採用拡大などの諸施策を通してスタッフの継続的な勤務と熟練度の向上や、今後さらなる拡大を見込む商品取扱規模に対応できる安定した体制づくりを図る。出店ショップの商品を、より丁寧に、最高のクオリティで、いち早く顧客に商品を届けることを目指すようだ。

■まとめ

 働き方改革が進められる中、今回のZOZOの施策は非常にインパクトの強い内容だと言える。昨今の労働人口の減少や人手不足から、アルバイトの定着も重要になってくるだろう。社員やアルバイトに関わらず長く働き続けてもらえるように、賃金設定や作業負荷の軽減など、わかりやすい部分の改革を進めていくことが必要だと言える。