オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

昭和と平成の世代間ギャップとは!? 仕事面での価値観の違いについて

2019.05.15

 建設業界に特化した基幹システムなどを開発・販売しているエニワン株式会社は、50代の社会人男女、20代の社会人男女を対象に「昭和世代と平成世代の価値観」に関するアンケートを実施し、世代間における様々なギャップを調査。「働き方」を中心にギャップが存在する結果となった。

■仕事面における世代間のギャップとは?

 仕事面について、昭和生まれの50代の方に「あなたの20代の時の働き方を教えてください」と質問したところ、「残業も顧みず働けるだけ働いていた」-57.7%が最も多く、次いで「残業はそこそこに仕事が終わったら帰っていた」-33.6%、「定時きっかりに帰っていた」-7.6%と続いた。
 平成生まれの20代の方に「現在の働き方を教えてください」と質問したところ、「残業はそこそこに仕事が終わったら帰る」-49.6%が最も多く、「定時きっかりに帰っている」-28.0%、「残業も顧みず働けるだけ働く」-19.8%と続いた。
 
 現代では「働き方改革」によりそれぞれに合った働き方が推奨されて、残業に対する考え方や、時間の使い方に至るまでこの数十年で大きな変化があったといえるだろう。

■飲み二ケーションは今でも有効⁉

 「会社の飲み会、上司や部下との飲み二ケーションや休日の交流について教えてください」と質問したところ、昭和生まれの50代の方は「積極的ではないが参加する」-51.5%が最も多く、次いで「参加しない」-21.0%、「積極的に参加する」-16.4%、「参加はするがすぐに帰る」-11.1%と続いた。
 一方平成生まれの20代の方は「積極的ではないが参加する」-47.9%が最も多く、「参加しない」-24.6%、「積極的に参加する」-15.4%、「参加はするがすぐに帰る」-12.0%が多いという結果になった。

 飲み二ケーションに関しては世代間のギャップはほとんど見られなかった。現代では無理に誘うと「パワハラ」になったり、お酒の席での強要は「アルハラ」とも呼ばれたりするため、近年では互いが互いに干渉し過ぎないといった関係性を保っているのだろう。

■仕事?プライベート?優先させるべきは・・・

 「仕事とプライベートとどちらを優先させますか?」と質問したところ、昭和生まれの50代、平成生まれの20代の方ともに「プライベートを優先する」という回答が多くあった。
 しかし、回答者の割合を比較してみると、「仕事を優先する」という回答は昭和生まれの50代の方が平成生まれの20代の方を大きく上回る結果となり、働き方に関しては世代間のギャップが存在していることがわかった。

■まとめ

 昭和世代と平成世代で異なる価値観があるとはいえ、「飲みニケーション」のあり方など、現代に合わせていこうという姿勢も見られる。新元号となった令和時代にも、前の世代の良いところを取り入れつつ、時代に合った仕事のスタイルが確立されることを期待したい。