オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

日本HPの働き方改革「Wellness Friday」。第二金曜日は3時間早い退社で社員の健康増進を支援

2019.06.14

 ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)(日本ヒューレット・パッカード株式会社 本社:東京都江東区)は、社員のWellness(健康)維持・増進を支援し、さらに働きやすい環境を整えるための新しい人事制度、『Wellness Friday』を2019年6月14日より導入する。

 同制度では、毎月第2金曜日を『Wellness Friday』と定め、社員は通常より3時間早い14:30以降にWellness(健康)増進のために使うことができるようになるようだ。

■『Wellness Friday』概要

 ヒューレット・パッカード エンタープライズではBest Place To Work(最高に働きやすい職場)となるよう、制度の拡充をはかっている。

 Work That Fits Your Life(人生の各段階にあった働き方支援)プログラムは、5つの制度で構成され、「育児短縮勤務」、「育児休業制度」の拡充や、新たに「リタイア前短縮勤務」、「Career Reboot(復職制度)」の導入を進めている。

 5つ目のプログラム『Wellness Friday』では2019年6月から、第2金曜日と定め、14:30以降をWellness(健康)増進のために使うことができる。定時17:30まで就業扱いで3時間早めに退社することが可能だ。

■柔軟な人事制度を拡充して働き方改革をさらに促進

 ヒューレット・パッカード エンタープライズでは、社員が健康であることこそが、イノベーションの促進、生産性向上、サービス品質の向上につながり、テクノロジー企業としての発展にもつながるという信念のもと、柔軟な人事制度を採用している。

 フレックスタイム、オフィス内のフリーアドレス化、フレックスワークプレイス制度を導入するなど、「働き方改革」という言葉ができる以前から、働く時間や場所を柔軟に選択できる制度を整えてきた。今回はグローバルで2019年4月に発表のあった“Work That Fits Your Life(人生の各段階にあった働き方支援)”プログラムを構成する『Wellness Friday』を追加することとなった。

■Wellness(健康)増進の3つの要素

 Wellness(健康)増進についてHPEでは3つの要素「Physical:身体の健康」、「Financial:金銭的に健全であること」、「Stress Management:メンタル、精神的な健康」が満たされることを重視し、プログラムを実施している。この取り組みは、経済産業省が日本健康会議と共同で認定する、「『健康経営優良法人2019 』 ホワイト500」認定され、同社は継続して健康経営の強化を進めているようだ。

■『健康経営優良法人2019 』 ホワイト500」認定とは?

 ヒューレット・パッカード エンタープライズは、2019年2月、「『健康経営優良法人2019 』 ホワイト500」に認定された。

 「『健康経営優良法人2019 』 ホワイト500」は、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」し、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的に、経済産業省が日本健康会議と共同で認定するもの。

 同認定にあたっては、健康経営における「経営理念・方針」、「組織体制」、「制度・施策実行」、「評価・改善」の4つの項目において審査され、同社は、「組織体制」、「制度・施策実行」の項目で特に高い評価を得た。生活習慣病の重症化予防体制を充実し2010年から在宅勤務制度などの柔軟な働き方やそれを支える各種ITツール導入や環境を整え、働き方改革を先駆けて進めてきた実績が評価されたようだ。

■まとめ

 社員の健康維持・増進を支援し、さらに働きやすい環境を整えるための新しい人事制度、『Wellness Friday』。

 各企業でも社員の健康増進の取り組みに、HPEの制度を参考にしてみてはいかがだろうか。