オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

仕事も遊びも一生懸命な“リア充ビジネスマン”は? 勤務形態別ワークライフバランスに関する意識調査

2019.06.21

 テレワークを支援する株式会社レコモット(本社:東京都千代田区)は、一般ビジネスマン/テレワークビジネスマン/フリーランステレワーカー600名を対象に、「勤務形態別ワークライフバランスに関する意識調査」を実施した。

 今回の調査では、テレワーカーは一般ビジネスマンよりも平均労働時間が短い傾向にあることがわかった。

■テレワークによりワークライフバランスが変わるのか

 2019年4月より、「働き方改革関連法」が施行され、テレワークやサテライトオフィスなど、働き方を見直す動きの活性化が予想されている。また、国土交通省が発表した「平成30年度 テレワーク人口実態調査」によると、テレワーク制度の導入率は上昇傾向にあり、今後もテレワークの増加が見込まれている。

 今回、レコモットでは、6月22日「仕事も遊びも一生懸命の日」に合わせて、一般ビジネスマン/テレワークビジネスマン/フリーランステレワーカー(※)という勤務形態の異なる三者を対象に、テレワーク実施有無によりワークライフバランスにどのような違いがあるのか調査を行った。

 (※)
 ・一般ビジネスマン:企業に属する非テレワーカー
 ・テレワークビジネスマン:企業に属するテレワーカー
 ・フリーランステレワーカー:企業に属さないテレワーカー

■テレワーカー二者は一般ビジネスマンよりも平均労働時間が短い傾向に!

 一般ビジネスマン/テレワークビジネスマン/フリーランステレワーカー600名に対して1日の平均労働時間を調査。

 まず、企業に属した勤務体系である一般ビジネスマンとテレワークビジネスマンの労働時間を比較したところ、テレワークビジネスマンが一般ビジネスマンよりも法定労働時間である8時間を下回る割合が多く、両者間には13.5ポイント差あることがわかった。また、フリーランステレワーカーに至っては8時間未満と回答したのが半数以上(52.5%)という結果となった。

 フリーランステレワーカーは企業に属さないため、一般ビジネスマン・テレワークビジネスマンとは勤務体系に違いがあるが、平均労働時間には大きな差があることがわかった。

■テレワーク実施により感じる効果第1位は「通勤時間を気にしなくなった」

 テレワーク実施により感じている効果について質問したところ、テレワークビジネスマン、フリーランステレワーカーともに「通勤時間を気にしなくなった」という回答が最も多かった。また、フリーランステレワーカーは、「業務の効率が上がった」、「自由に使える時間が増えた」、「人間関係のストレスがなくなった」という回答が、テレワークビジネスマンと比べて10~20ポイントも高くなる結果となった。

■テレワーク実施有無は仕事に対するモチベーションに深く関係!

 次に、仕事に対するモチベーションの高さについて質問したところ、テレワークビジネスマンが78.0% (「非常に感じる」、「やや感じる」の合計値)が仕事に対するモチベーションが高いと回答し、最も仕事に対するモチベーションが高い結果に。また、フリーランステレワーカーに関しても7割以上(75.0%)が仕事に対するモチベーションが高いことがわかった。

 一方、一般ビジネスマンに至っては、約4割(39.5%)に留まる結果となった。

■テレワークビジネスマンが最も仕事に対して一生懸命!

 また、テレワーカー二者に対して、テレワークの実施が仕事に対するモチベーションに起因しているかを調査したところ、両者ともに8割以上がテレワーク実施によって仕事に対するモチベーションが高まっていることが判明した。

■テレワーカーは幸福度が高いことが判明!

 次に、三者に対して、幸福度の高さについて調査。

 テレワークビジネスマンは80.0%が自身の幸福度が高いと回答し、幸福度の高さ第1位に。次いで、フリーランステレワーカーが75.0%となり、テレワーカー二者ともに幸福度は高い傾向にあることが分かった。

 一方、一般ビジネスマンにおいては、半数(53.0%)程度に留まり、テレワーカー二者と比較すると、20ポイント以上もの差があり、テレワークの実施有無が幸福度にも影響していることが伺えた。

■プライベートで遊ぶ日数にも三者間で大きな差が!

 次に、三者のプライベートでの遊びに費やす日数について調査。

 三者ともに「週に1~3日」が8割を占めている結果となった。但し、全く遊ばない割合を比較してみると、一般ビジネスマンが11.0%となり、最も遊びに時間を費やせていない勤務形態であることが分かった。一方で、テレワークビジネスマンはわずか3.0%という結果になり、ほとんどのテレワークビジネスマンは週に1日以上は遊びに費やしていることが判明した。

 次に、遊びに対するモチベーションの高さについて質問すると、テレワークビジネスマンの8割が遊びに対するモチベーションが高いと感じると回答し、遊びに対して最もモチベーションが高いことが判明。次いで、テレワークビジネスマン(73.5%)、一般ビジネスマン(60.5%)という結果になった。

 また、テレワーカー二者に対して、テレワークの実施が遊びに対するモチベーションに起因しているかを調査したところ、フリーランステレワーカーは8割以上(83.7%)、テレワークビジネスマンは約7割(68.8%)という結果となった。

■一般ビジネスマンの約3人に1人がテレワーク実施したいと思っている!

 一般ビジネスマンを対象に、今後のテレワーク実施意向について調査。

 一般ビジネスマン200名の中で、今後、テレワークを実施したいと思っている人は36.0%(72名)という結果に。一般ビジネスマンの約3人に1人が、今後テレワークを実施してみたいと考えていることが判明した。
 
 また、テレワーク実施意向者の72名に対し、今後、テレワークを実施することによって、仕事・遊びに対するモチベーションが高くなる可能性を伺うと、どちらも7割以上がモチベーションが高くなる可能性があると回答した。テレワーク実施により、今後の一般ビジネスマンの仕事・遊びに対するモチベーション向上が期待される。

■多くの企業で、テレワーク実施に向けた取り組みは行われていない

 次に、テレワーク実施意向者(72名)に対し、その理由について調査。

 テレワークを実施したい理由のトップ3を見てみると、「通勤時間を気にしなくていいから」が最も多く、6割以上(65.3%)に。次いで、「移動時間が減るから(54.2%)」 が第2位。「労働時間が短縮できるから(51.4%)」、「自由に使える時間が増えるから(51.4%)」という理由が揃って第3位となった。

 テレワーク実施意向者が勤務している企業において、テレワーク実施に向けた取り組みについて調査したところ、「一部の部署で実施されている」、「在宅勤務のみ実施が許可されている」が最も高い結果(12.5%)となった。また、「当てはまるものはない」という回答が約6割(62.5%)となり、テレワーク実施に向けての取り組みについては、現時点では決して多くない状況であることが伺える。

 最後に、一般ビジネスマン/テレワークビジネスマン/フリーランステレワーカー600名に対して、テレワーク実施に向けて課題だと感じていることについて調査。テレワーク実施に向けて課題だと感じていることは「インフラ(携帯電話やPCの貸与、社内システムへのアクセスなど)の整備が整っていない」が最も高い結果となり、約3人に1人(34.2%)が課題だと感じていることが判明した。

■調査概要

・調査方法:インターネット調査
・調査機関:楽天インサイト
・調査期間:2019年6月4日(火)~6月6日(木)
・調査対象地域:全国
・対象者:一般ビジネスマン/テレワークビジネスマン/フリーランステレワーカー600名(各200サンプル)

■まとめ

 今回の調査により、テレワークを取り入れている労働者の方が幸福度や遊びに対するモチベーションが高いことが分かった。通勤時間が発生しないため、プライベートの時間を確保しやすいようだ。

 まだまだ多くの企業では取り入れることの難しいテレワークだが、「働き方改革」に課題を感じている企業は、テレワークの導入を検討してみてはいかがだろうか。