オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

子育てと仕事の両立を支援。『新しい働き方』を実現できるシェアオフィスがキッズデザイン賞を受賞

2019.08.27

 オクシイ株式会社(本社:東京都渋谷区)が運営する企業主導型保育施設併設シェアオフィス「マフィス北参道」は、第13回キッズデザイン賞における「子どもたちを産み育てやすいデザイン部門」を受賞した。

 子育てと仕事の両立を支援し、『新しい働きかた』とは、どのような環境なのだろうか。

■『新しい働きかた』の実現を目指して

 マフィス北参道は、「子どもの近くで、わたしの時間」をコンセプトに、パパ・ママの「はたらく」を支援する保育施設併設シェアオフィス。

 子どもを産み・育てるというライフスタイルの転換期を迎えたパパ・ママたちの「働く」を支援していくために、2018年4月にオープンした企業主導型保育施設併設シェアオフィスだ。

 家と保育園、職場を隣接させることで、子育てと仕事にゆとりと笑顔をもたらす『新しい働きかた』の実現を目指している。

■子どもたちを産み育てやすいデザイン部門

 株式会社アンドロッジに設計及びデザインを担当した施設は、2Fにシェアオフィス・3Fに保育施設を配置し、シェアオフィスは「働く子育て世帯」としてのコミュニティが生まれるようにフリースペースを多く設けるほか、勉強会や交流イベントのためのスピーカーやスクリーンを配置している。

 また保育施設は、子どもにとって楽しく柔らかく感じられるような色味を使い、また保育士の目が行き届くような高さで間仕切りを設置。レイアウトも動線を意識したものとし、安全性を重視している。

 さらに保育で使用する建具は、手ばさみ防止など安全面に十分配慮した作りにしている。

■受賞概要

・応募企業・団体名:株式会社アンドロッジ

・応募作品名   :マフィス北参道

・受賞部門    :子どもたちを産み育てやすいデザイン部門

・受賞カテゴリー :建築・空間C01.保育園・幼稚園

■まとめ

 子育てと仕事が両立でき、『新しい働き方』の環境が整えられた企業主導型保育施設併設シェアオフィス。

企業主導型保育施設を設けることにより、社員が待機児童問題や、子育て世代の抱える問題などに悩むことなく、安心して出産・休職・復職も可能だろう。

 『新しい働きかた』を考えている企業は、このような取り組みを参考にしてみてはどうだろうか。

<PR>