オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

おやつの福利厚生「snaq.me office」が国内初の量り売りプランを開始。こだわりのデザインで、見た目からも職場にワクワクを。

2019.12.06

 「おやつの時間をもっと価値のあるものにする」というミッションを持つ株式会社スナックミー(東京都中央区)は、国内初となるナッツやドライフルーツのオフィス向けのおやつ定期便『snaq.me office(スナックミーオフィス)』のバルク(量り売り)プランを渋谷区限定で正式にリリースした。

 福利厚生、健康経営の一環として、栄養満点のおやつをこだわりのデザインで提供することで、楽しむ時間と社員の健康を促進するようだ。

■顧客の声から生まれたナッツとドライフルーツのバルク(量り売り)プラン

 現在、超高齢化が進む日本において、働く社員の健康寿命を伸ばすため、そして労働による体調不良を防ぐために健康経営が大きな課題になっている。スナックミーでは、以前より挙がっていた「健康経営のためにsnaq.meのおやつを福利厚生としてオフィスに置きたい」といった声から、『snaq.me office』を開始し、全国の企業に導入されていた。今までの『snaq.me office』は、個人の顧客に向けたおやつBOX『snaq.me』で取り扱っている様々なジャンルの個包装されたおやつを届ける「個包装プラン」のみとなっていたが、本日より「ナッツやドライフルーツのみのプランも欲しい」と言った導入企業からのリクエストにより、試験的に取り扱っていたバルク(量り売り)プランも正式にリリースをすることにした。

■国内初!栄養満点のおやつをこだわりのデザインで

 ナッツやドライフルーツは、ビタミン・ミネラルが豊富で日々の生活で不足しがちな栄養を簡単に補うことができる。海外にはオフィスに置くナッツやドライフルーツを量り売りで提供している企業も数多くあるが、日本国内にはまだない。また、健康志向からコンビニなどでも手軽にナッツやドライフルーツを購入することができるようになったが、通常のおやつと比べると高価で、気軽に手に入れることはまだできない。

 そこで、スナックミーではナッツやドライフルーツをオフィスで気軽に取れるように、渋谷区限定でバルク(量り売り)プランを開始することにしたと言う。

■snaq.me office バルク(量り売り)プラン4つの特徴

おやつの一例:プレミアムドライみかん、メープルナッツミックス、プレミアムドライパイン
おやつの一例:プレミアムドライみかん、メープルナッツミックス、プレミアムドライパイン

20種類以上の豊富なラインナップからセレクト
 スナックミーのナッツやドライフルーツは20~30種類。その中から毎回商品を数種類セレクトし届ける。そのため、飽きることなく毎回違ったおやつを楽しむことが可能。

健康的でおいしいおやつが食べれる
スナックミーで取り扱っているおやつは全て、人工添加物や白砂糖は使用していない。「リアルフード」と呼ばれる「形ある食材」のみを使用した栄養豊富でカラダに優しいおやつのみを取り扱っている。そのため、おいしく罪悪感のないおやつを楽しむことができる。

QR決済で手軽に健康経営
snaq.me officeではQR決済を導入し、従業員はPayPayかLINE Payで支払いをすることができる。

充実した『おやつ時間』を体験できる
 株式会社スナックミーには「おやつの時間をもっと価値のあるものにする」というミッションがあり、おやつだけはなく、「おやつを楽しんで頂く時間」も一緒に届ける。
 おやつと一緒に届る『3PMmm...』という冊子には、スナックミーのおやつの生産者情報やアレンジレシピが載っており、おやつだけでなく、おやつ関する知識も記載されている。

■まとめ

 社内で、添加物不要の栄養満点なおやつを提供する取り組みは、福利厚生の一つとしても利用できそうだ。労働による体調不良防止のために、健康経営に乗り出す企業も増えている。取り入れやすい「食」の健康経営から始めてみるのもいいかもしれない。

<PR>