オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

日本でアルバイトをしている外国人の85%以上が上司・先輩との関係を理由に退職。95.8%が「日本での就業に不安を感じる。」と回答

2020.01.30

 15万人が使う国内最大級の外国人向け求人チャットコンシェルジュを運営する株式会社JapanWork(本社:東京都新宿区)が、「日本でアルバイトを辞めた理由」について日本に住む外国人(20代〜60代)、17ヵ国480名を対象にアンケート調査を実施した。

 調査の結果、多くの外国人が上司や先輩との関係を理由にアルバイト開始から1ヶ月後に退職している実態が判明した。

■アルバイトを辞めたタイミング

アルバイトを辞めたタイミングを外国人480名聞いたところ、採用されてから1ヶ月後が85.8%と最も多い回答となった。次いで、採用されてから3ヶ月後が5%、採用されてから半年後~1年未満が3.3%、採用されてから1年後が2.9%、その他は3%だった。

■アルバイトを辞めた理由について

 なぜ、85.8%の外国人は採用されてから1ヶ月で辞めてしまったのだろうか。

 次に、アルバイトを辞めた理由について質問をしたところ、「上司・先輩との関係性に不満があった」が85%という回答が最多となった。次いで、「研修が充分ではなかった」が4.6%、「仕事内容に不満があった」が4%、「待遇面に不満があった」が3.1%、「その他」は3.3%となった。

 上記質問に関するコメントを一部抜粋して紹介する。

〇上司・先輩との関係に不満があった
・「自分だけに厳しくしているように見えたしシフト時間が長すぎた」ネパール出身/20代
・「度が過ぎる程厳しかった」カナダ出身/30代

〇研修が充分ではなかった
・「研修やトレーニングが存在しておらず、時給が低いだけだった。」アメリカ出身/20代
・「研修時に周りのスタッフの対応が悪かった」ネパール出身/30代

■現在の日本での就業状況

 次に、「現在、日本で仕事をしているか?」と質問うと、「している」と回答した人は、98.3%、「していない」と回答した人は1.7%だった。

■現在の仕事を続けている理由

 現在の仕事を続けている理由について聞くと、「給料が良い」が84%、「仕事内容が気に入っている」が5%、「同僚との関係性が良い」が4%、「上司・先輩との関係性が良い」が3.7%、「その他」は3.3%だった。

 上記質問に関するコメントを一部抜粋して紹介する。
〇仕事内容が気に入っている
・「チームの関係性も良く、上司と部下の立ち位置が平等だと感じる。アイディアを聞いてくれる」
インド出身/20代

〇同僚との関係性が良い
・「とても友好的で助けてくれる」ネパール/30代

〇上司・先輩との関係性が良い
・「自分の意思や意見を尊重してくれる」フィリピン/30代
・「仕事上での成長を支援してくれる」インドネシア/40代

■面接を辞退した理由

 次に「日本で面接を辞退したことがあるか?」と質問をしたところ、92.7%の人が「ある」と回答した。

 また、面接を事態した理由ついては、「面接前に別の仕事が決まった」が85.6%、「面接へ向かう道中で道に迷ってしまった」が4.5%、「日本語に自信がなかった」は3.2%、「応募後の電話連絡の内容が理解出来なかった」が2.8%、「その他」は3.9%となった。

■内定後に辞退した理由

 「内定後に辞退をしたことがあるか?」と質問に対しては、「はい」と回答した人は、92.7%、「いいえ」は僅か7.3%という結果だった。

 また、内定後に辞退をした理由について問うと、「職場環境/雰囲気が気に入らなかった」が88.1%、「他の仕事に興味を持った」が5.8%、「面接官の態度に不満があった」は1.9%、「その他」は4.2%となった。

 上記質問に関するコメントを一部抜粋して紹介する。
〇職場環境/雰囲気が気に入らなかった
・「求人広告のイメージと全く違う雰囲気で、仕事内容も違う内容だった」フィリピン出身/30代
・「想像と全く違う職場環境だった」ネパール出身/20代

〇他の仕事に興味をもった
・「他の仕事の方が給料が高かった」インドネシア出身/30代

〇面接官の態度に不満があった
「仕事内容や、福利厚生に関しての情報を充分に教えてくれなかった。」

■日本で働くことに対しての不安

 「日本で働くことに対して不安を感じた事はあるか?」と質問すると、「はい」と回答した人は95.8%、「いいえ」と回答した人は4.2%だった。

 また、「不安を感じた理由は何か?」と問うと、「自分の日本語レベルについて」が85%と最多となり、「言葉の壁/日本人とのコミュニケーションについて」が 4.4%、「同僚と馴染めるかどうかについて」が3.3%、「日本での就業に関しての知識・スキルについて」が2.7%、「その他」が4.6%となった。

 上記質問に関するコメントを一部抜粋して紹介する。
〇自分の日本語レベルについて
・「給料も良いので日本で働く事は好きだが、日本語が難しすぎるのでたまにコミュニケーションが難しいと感じる」フィリピン出身/20代
・「日本語で履歴書を書くことが出来なかった」ネパール出身/20代
・「就業に充分な日本語スキルがあるかどうか不安」スリランカ出身/30代
・「もし充分な日本語スキルがなかったら、差別されるのではないかと不安」アメリカ出身/30代

〇同僚と馴染めるかについて
・「外国人なので差別されると不安だったが、仕事を始めてみるとみんな友好的でとても良い人たちだった」カナダ出身/30代

〇その他
・「最初は、仕事仲間やお客様に対してどのように挨拶していいか分からなかったが、仲良くなり日本語で挨拶が出来るようになった。日本人はフレンドリーだと知った」アメリカ出身/20代

■まとめ

 今回の調査から、日本で働く外国人アルバイトが、日本企業の待遇や環境に不満を持っている現状が浮彫りとなる結果だった。

 外国人アルバイトの定着を図りたいと考える企業は、コミュニケーションや、外国人が働きやすい環境構築を図り、サポート体制を整えることが重要なのではないだろうか。

<PR>