オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

利用者1.4万人突破!バリスタ常駐型のオフィスカフェ導入支援サービス「Garden」

2020.01.29

 株式会社LUCY ALTER DESIGN(本社:東京都渋谷区)は、バリスタ常駐型のオフィスカフェ導入支援サービス「Garden」を新設分割し(社名:株式会社Garden)、Garden社はUCCホールディングス株式会社と資本業務提携したと発表した。

 今回の資本業務提携により、高品質な豆やメニュー提供を行うことでオフィスカフェを特別なものとし、利用する企業の福利厚生の充実を目指すようだ。

■バリスタ常駐型のオフィスカフェ導入支援サービス「Garden」

 2016年から始まったバリスタ常駐型オフィスカフェ導入支援サービス「Garden」は、従業員向け福利厚生の一環として理解・支持され、多くの企業に導入されている。また、三菱地所株式会社様が開発を進める2021年竣工予定の(仮称)東京駅前常盤橋プロジェクトA棟(8F就業者専用ラウンジ内)においても本サービスによるカフェ導入が決定し、導入企業と導入予定企業を加え利用者数は14,000人となる。

■福利厚生×企業カルチャー、従業員のウェルビーイングを高める「Garden」

Garden導入企業 例
Garden導入企業 例

 生産者が一つ一つ丁寧に、収穫・生産処理・栽培管理をおこなった豆を焙煎師が高い技術で焙煎し、最後にバリスタが全ての想いを込めて出す一杯のコーヒーは、みずみずしくフルーティーな味わいやナッツやチョコレートのような甘さが楽しめる。セレクトされた国内外のロースター・生産地から届く高品質で個性豊かな豆。今までのイメージを覆す新しいコーヒー。そんなスペシャルティコーヒーが、店舗に行かずオフィスで飲めるようになる。

 丁寧で美味しいコーヒーは、休憩の質を高め仕事へのアプローチを変えていくと考えられる。店舗ではただの待ち時間が、オフィスでは大事な従業員同士のコミュニケーションに変わっていくだろう。

 バリスタが常駐しているからこそ出来ること、つくれることがある。「働きがいを高める福利厚生」と「企業文化づくり」に一役買うことができたら、という願いが込められているようだ。

■資本業務提携の目的

 GardenとUCCホールディングスは、オフィスカフェ・オフィスコーヒーを通じた協業を実施していく。

 UCCホールディングスが培ってきた哲学・技術・資産を活かし、Garden導入企業・従業員にとって、より高品質な豆やメニューの提供に加え、バリスタの育成や働く環境整備といった淹れ手への支援、Gardenでの国内外の生産者やロースターとの変わらぬ取引による作り手への支援を通じて、コーヒーカルチャー全体に対して貢献していくようだ。

■UCCホールディングスからのコメント

 「一杯のコーヒーによって活発なコミュニケーションを創造し、オフィス内を中心に新しいコーヒーカルチャーを創造する。このようなGardenのミッションに共感し、この度資本業務提携をさせていただくことになった。UCCグループによる原料調達の多様性や焙煎品質の安定性、バリスタトレーニングの仕組みなどの提供によって、導入企業様の課題解決に貢献できることを楽しみにしている。」と、UCCコーヒープロフェッショナル(2020年7月1日UCCフーヅより社名変更予定)取締役 販売企画本部 本部長 橋本樹一郎氏はコメントしている。

■まとめ

 バリスタがコーヒーを淹れる待ち時間に従業員同士の自然な会話が生まれ、人と人とがつながる空間作りにもなる「オフィスカフェ」。福利厚生の一環とし、社内活性化のための施策としても一役買ってくれるサービスになりそうだ。

<PR>