オフィスのミカタとは
総務・人事・経理/管理部その他働きがいを
向上させる為の方の完全無料で使える
ビジネスポータルサイト 「オフィスのミカタ」

社会人300人が「上司にほめてほしいポイント」TOP15

2020.02.06

 アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」を運営するディップ株式会社(本社:東京都港区)は、「社会人300人に聞いた、上司のためのほめる技術調査」を実施した。

 調査結果から、社会人の8割は「上司にもっとほめられたい」と思っていることがわかった。ほめてもらいたいポイントとはどこなのだろうか。

■社会人300人のうち過半数が「上司に月に1回以上ほめられたら満足」

上司にどのくらいほめられたら満足か
上司にどのくらいほめられたら満足か

 社会人300人に「上司にどのくらいほめられたら満足か」を聞いたところ、「月に1回以上」と答えた人の割合が53.2%という結果になった。以前実施した「1on1に関する調査」の結果からも、現在上司からの承認を十分に得られていない人が多いことがうかがえる。

 「1on1」などを通して定期的なコミュニケーションの機会を設け、部下が目標達成や良い行いをした時は、もれなくほめることが、従業員の満足度向上に繋がるとも言える結果だろう。

■社会人300人に聞いた「上司に使ってほしいほめ言葉TOP30」

上司に使ってほしいほめ言葉TOP30
上司に使ってほしいほめ言葉TOP30

 社会人300人に「上司にほめられるとしたら、どんな言葉が嬉しいか」を聞いたところ、1位「さすがだね」(105票)2位「がんばったね」(97票)、3位「安心して任せられるね」(96票)、4位「仕事が速いね」(94票)、4位「仕事が正確だね」(同率94票)という結果が得られた。

 同じほめ言葉でも伝える内容によっては効果が異なることが分かった。

■社会人300人に聞いた、「上司にほめてほしいポイントTOP15」

あなたが上司にほめられるとしたら何を一番にほめられたいか
あなたが上司にほめられるとしたら何を一番にほめられたいか

 社会人300人に「あなたが上司にほめられるとしたら何を1番ほめられたいと思うか?」を聞いたところ、1位「自分の努力」、2位「自分の成果」、3位「自分の個性」という結果だった。ほめるポイントによっても、効果に違いがあるようだ。

■まとめ

 調査結果から、社会人の8割は「上司にもっとほめられたい」と思っていることがわかった。

 部下をほめることは、円滑な人間関係を築き、モチベーション向上にも繋がる。

 上司に使ってほしいほめ言葉をやほめるポイントを参考に、実践してほしい。

<PR>