オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

「働き方改革」に最適なクラウド型勤怠管理システム 「勤怠Reco」の提供を開始!

2020.08.03

 総合フィンテックソリューション企業であるSBI FinTech Solutions株式会社の子会社でバックオフィス支援サービスを提供するSBIビジネス・ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表:夏川雅貴)は、クラウド型経費精算システム「経費Bankll」およびクラウド型ワークフローシステム「承認Time」に続く新サービスとして、クラウド型勤怠管理システム「勤怠Reco(キンタイレコ)」の提供を開始した。

柔軟な働き方に向けて「勤怠Reco」を開発

 SBIビジネス・ソリューションズ株式会社では、SBIグループが推進する地域金融機関との提携を通じた地方創生への取り組みの一貫として、2020年1月から島根銀行と地域企業のIT活用支援を推進している。新型コロナウイルス感染症対策として、非対面型ビジネスモデルへの転換や、時間や場所に縛られない柔軟な働き方を目指しながらも、「働き方改革関連法」の施行をきっかけに時間外労働の上限規制導入や年次有給休暇の厳格管理などの課題を抱える企業が多いことがわかった。

 これらの課題解決に向け、島根銀行の取引先企業である、株式会社日本ハイソフト(本社:島根県出雲市、代表:杉原悟)と連携し、日本ハイソフトが開発する勤怠管理システムをクラウド版にリニューアルし、「勤怠Reco」としての提供を決定した。これにより、顧客ニーズに応える付加価値の高いサービス提供と販売地域の全国拡大も可能になる。

<関連記事>
【取材記事】クラウドで、人がより人らしく働る「働き方改革」を。

勤怠管理業務を全てWEBで完結!

 「勤怠Reco」は、社員の出退勤記録や休暇の取得記録、シフト管理など全ての勤怠管理業務をWeb上で完結することができる。操作はパソコンだけではなく、スマートフォンやタブレット端末からも行うことができるため、在宅勤務やフレックス制など多様な働き方にも対応可能である。

 勤怠管理業務のデジタル化を後押しする低価格料金で、月額料金は1IDあたり、100円(税抜)である。様々な給与管理システムとの連動もでき、労務管理の強化や人事部門の業務負担を軽減することもできる。

まとめ

 働き方改革が推進されている中、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、人々の働き方は日々変化している。クラウド型で勤怠管理を行えば、テレワークのさらなる普及にも繋がってくるのではないだろうか。今後の動きにも注目である。

<PR>