オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【取材記事】クラウドで、人がより人らしく働る「働き方改革」を。

2020.01.31

2019年4月に「働き方改革関連法」が施行され、「時間外労働の削減」「年次有給休暇取得の義務化」といった働き方改革は、企業が否応なく取り組まなければならない環境となった。むろん、法的義務である以前に、これらの取り組みがもたらす従業員のワーク・ライフバランスの改善、QOL の向上といった効果については、誰もが望ましいと考えるだろう。絶対的な業務量が減らない中で働き方改革を進めるためには、当然、業務効率化が必要だ。しかし、どのように業務効率化するかという点は、各企業に委ねられている。そのため、「働き方改革をしようとは思っても、そのやり方を誰も教えてくれず、何から始めるべきか分からない」と感じている企業も多いのではないだろうか。こうした状況に対し、株式会社マネーフォワードの代表取締役社長CEO 辻庸介氏は、クラウド活用の重要性を強調する。企業がいかに働き方改革を捉え、実践していくべきかについて、話を伺った。

中小企業の人手不足解消は収益率の向上から始まる

「働き方改革」が提唱されて約3年。今では、その言葉が一人歩きしている印象も否めないが、そもそも、この考え方の根底にあるのは、すでに顕在化している人手不足問題の解消だ。中でもバックオフィスは採用難の状況が続いており、対応は急務となっている。「中小企業の管理部門では、経験豊かな従業員が定年や両親の介護などを理由に退職すると、なかなか後任が見つからないという話をよく耳にします」(辻氏)
<...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。