オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

「事務職の貯金額調査」ひと月の貯金額が最も多いのは「IT事務職」

2020.08.11

 株式会社ポム(本社:東京都港区、代表:川浦敦也)が運営するIT事務への転職に特化した転職応援メディア「IT事務の教科書」は全国の正社員事務職200人を対象に、貯金額の調査を実施した。

20代、毎月貯金をする人は66%

 20代事務職の人に「貯金をしていますか」と質問したところ、「毎月貯金している」が66%、「たまに貯金する」が23%、「全く貯金しない」が11%という結果になった。

 20代の平均月収は、21万694円である。その中で、1ヶ月の平均貯金額を調査したところ、月収の約5分の1にあたる「4万8361円」という結果になった。また、平均貯金総額は「214万3586円」であった。

 20代の貯金目的について調査したところ、最も多かったのは「老後の生活費のため」で、次いで「お金を貯めるのが好き」、「海外旅行などの娯楽のため」と続いた。

<関連セミナー>
<7/7(火)@オンライン>ウィズコロナ時代の今だからこそ Excel業務をWeb化で改善・効率化!

30代、毎月貯金をする人は54%

 30代事務職の人に、「貯金をしていますか」と質問したところ、「毎月貯金している」が54%、「たまに貯金している」が31%、「全く貯金しない」が16%という結果になった。

 1ヶ月の平均貯金額を調査したところ、「5万1400円」という結果になり、20代と比較すると3000円ほど多くなった。また、平均貯金総額は「276万6665円」で、20代と比べると約60万円ほど多い結果となった。

 30代の貯金目的について調査したところ、最も多かったのは「老後の生活費のため」、次いで「子供の教育費のため」、「海外旅行などの娯楽のため」と続いた。

ひと月の貯金額が最も多いのは「IT事務職」

 全国の事務職正社員200名の貯金額を集計したところ、ひと月の貯金額が最も多いのは、「IT事務職」で5万3300円、次いで「医療事務職」が4万7500円、「金融事務職」が4万2300円と続いた。

<PR>