オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

多忙な現代女性に向けた機能的なセットアップを開発 WWSとSHIPSが初のレディースコラボを発売

2020.09.16

 世界初・スーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」(以下、WWS)を企画販売する株式会社オアシススタイルウェア(所在地:東京都港区、代表:中村有沙、以下オアシススタイルウェア)は、株式会社シップス(所在地:東京都中央区、代表:三浦義哲、以下シップス)と提携し、2020年9月12日(土)からシップスが運営するセレクトショップ「SHIPS」にて、コラボモデル「SHIPS×WWS ノーカラージャケット」、「SIHPS×WWS テーパードパンツ」、「SHIPS×WWS ワークスカート」計3型の販売を開始する。レディースでのコラボモデルの制作は初めてである。同日、モノ&ファッション女性誌のLalabegin・SHIPSとのトリプルコラボ商品「週7シャツワンピ」も販売開始した。

WWSとSHIPSが初タッグ

 世界初のスーツに見える作業着「ワークウェアスーツ」は、スーツのフォーマル感に加えて、作業着の機能性を備えた商品である。2020年7月・8月は、毎日洗濯機で洗える機能性が「夏でもニオイケアできるスーツ」として注目され、前年同月比(2019年7月・8月)410%を記録した大注目の商品である。

 2020年9月12日(土)から、SHIPSと制作したレディース商品初のコラボモデル「SIHPS×WWS ノーカラージャケット」、「SIHPS×WWS テーパードパンツ」、「SIHPS×WWS ワークスカート」の3型をSHIPSの東京・神奈川・大阪の計6店舗で販売を開始した。

現代女性に寄り添ったブランド

 昨今、女性の社会進出が加速し、キャリア・結婚・出産・子育て・仕事復帰など女性のライフイベントが多様化している。仕事・家事・育児などの負担が増えたことにより、洋服のケアに時間を掛けることができないために洋服への関心が遠ざかってしまう女性が増えている。そこで、「365日洗濯機で洗え、ストレッチが効いていて動きやすい」、「仕事からプライベートまであらゆるシーンで活用できる」、「手間もかからずオシャレができる」そんな洋服があれば多忙な現代女性もファッションを楽しめるのではないかと感じ、商品を開発した。

 機能性とデザイン性の両立を得意とするWWSと、大人のための高感度で高品質なファッションを提案するSHIPSが手を組み、「多忙な現代女性に向けて機能的なセットアップ」を開発した。WWS独自開発の素材「Ultimex/アルティメックス」を使用し、ストレッチや撥水などの実用的な機能に加え、洗濯機洗いに対応したイージーケアを実現した。オアシススタイルウェアは、機能性とデザイン性を両立したワークウェアスーツを通して、多忙な現代女性に寄り添ったブランドを目指していく。

 

商品概要

 商品名:SIHPS×WWS ノーカラージャケット
 カラー:ベージュ、ブラック
 サイズ:S/M
 価格:16,000円(税別)
 商品:やさしい印象のノーカラージャケットは、カバンの中にしまってもシワになりにくく、アイロンがけのストレスからも解放。動き回って汗をかいても、ネットに入れて洗濯機へボン!いつも清潔な状態で着こなすことが可能。

 商品名:SIHPS×WWS テーパードパンツ
 カラー:ベージュ、ブラック
 サイズ:S/M
 価格:12,000円(税別)
 商品:見た目はきちんと上品なのに、ウエストゴムでお腹周りはストレスフリーなつくりに。ストレッチが効いている素材であるため、しゃがんで作業をする時も驚くほどスムーズに。膝が出にくいのも長く愛用できるポイントである。

 商品名:SIHPS×WWS ワークスカート
 カラー:ベージュ、ブラック
 サイズ:S/M
 価格:12,000円(税別)
 商品:ゴムウエストで軽やかな着用感。サイドポケットはジッパー付きでスマホがスルリと落ちてしまう心配もない。スリットも入っているため、アクティブな動きにも対応が可能。

現代のワークウェア「週7シャツワンピ」

  「現代のワークウェアを作りたい」という思いから、Lalabegin、SHIPSとトリプルコラボが実現した。WWSの独自開発素材「Ultimex/アルティメックス」を使用し、365日洗濯機で洗える着心地の良い高機能性を備える。光沢感のある素材を使用し、ワーク感のあるデザインながらも高級感がある。

 商品名:週7シャツワンピ
 価格:18,000円(税別)
 カラー:ベージュ/オリーブ/ネイビー
 サイズ:S/M

 付属ウエストベルトとウエストギャザーで3way仕様となっている。そのまま羽織るとメンズライクに、女性らしい印象にするためにはウエストベルトを絞るとふわりと揺れるシルエットが美しくなる。大容量のジップポケットを装備しているため収納力も抜群である。また、300グラムという軽量でありながら、適度な光沢感があるため上品な印象を与える。

 

まとめ

 女性の社会進出が加速し、家庭と仕事の両立をする女性も増えている。今回の「ワークウェアスーツ」は、例えば自転車などで子どもを保育園に送迎してから出勤する女性などにとっては、非常に高機能なものになっているのではないだろうか。女性の働きやすい世の中をつくっていくためには、社会制度だけではなく、ファッションなどあらゆる方面で新しい取り組みが必要となるであろう。

<PR>