オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

参加者100人のオンライン忘年会 企画支援・当日のファシリテーションをニットが実施

2020.12.25

 オンラインイベントサービスを提供する、株式会社ニット(本社:東京都品川区、代表:秋沢崇夫)は、システム技研株式会社(本社:東京都新宿区、代表:北浦弘之)の初めてのオンライン忘年会の企画支援・当日のファシリテーションを実施した。

初めての大規模オンライン忘年会

 今年、創業40期目を迎え、社長交代という節目の年を迎えたシステム技研は、毎年全社員で忘年会を実施している。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、例年通りの開催が難しい状況にあったが、「社員みんなが交流できる場を設けたい、そしてコロナ禍で大変だった社員への感謝の気持ちも込め、楽しいイベントを実施したい。そして前向きな気持ちで1年を締めくくり、2021年を迎えたい」ということで、実施を決意した。

 そこで、初めての大規模なオンライン忘年会の開催にあたりこれまで数多くのオンラインイベントを実施しているニットが、企画支援・当日のファシリテーションを実施した。

 ■概要
 開催日時:2020年12月18日(金)
 参加人数:約100人
 費用:無料
 場所:オンラインZOOM

オンラインでも交流を深める

 ■乾杯の様子

 ■新入社員紹介の様子

 ■当日盛り上げるために気をつけたポイント
 ・できる限り顔出しを依頼する
 ・全員が声を出す機会を作る
 ・全員でチャットを盛り上げる

 ■コンテンツ設計のポイント
 「オンライン上で全て完結すること」、「盛りだくさんのコンテンツにしないこと」を意識し、途中から参加しても全員がイベントを楽しむことができるように設計。

 ■オンライン忘年会の感想
 ・顔見知りが少ない社員はリアルより参加しやすいのではと思った
 ・初対面のメンバーにも話しかけやすい
 ・普段見えない、社員の家が見えて楽しかった
 ・新入社員紹介を、じっくりと聞くことができた
 ・初めての開催だったが終始楽しむことができた

まとめ

 大人数での会食自粛が求められているコロナ禍において、忘年会や新年会の開催を中止する企業が相次いでいる。しかし、社内イベントは社員同士の交流を深める大切な機会とも言える。今回、初めての大規模オンライン忘年会を開催したシステム技研の参加者の感想から、充実した様子を伺うことができ、「今後も既存のリアルイベントの開催が難しければ、代わりに別イベントとして開催しても面白いと思う」などの声も挙げられている。様々なことが制限されているコロナ禍ではあるが、新しい形で社員交流の場を設けてみてはいかがだろうか。

<PR>