オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

緊急事態宣言前後の転職理由を調査 人間関係や働く環境から個人の将来を見据えた目標へ

2021.03.22

 パーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表:峯尾太郎)が運営する転職サービス「doda」は、2020年4月の新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言前後に転職をした人を対象に「転職理由」に関するアンケートを実施した。

調査概要

 調査対象:2020年1月~8月に転職した20~59歳の社会人正社員男女
 調査方法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
 実施期間:2020年8月
 有効回答数:578件

緊急事態宣言前後で転職理由は変化

 転職理由を、2020年の緊急事態宣言の発令前後で調査。緊急事態宣言前の2020年1月~3月の転職理由で最も多かったのは「社内の雰囲気が悪い」が12.5%、4位には「人間関係が悪い/うまくいかない」、9位に「尊敬できる人がいない」といった、「人間関係」に関する理由が目立つ結果となった。他にも、4位には「ハラスメントがあった」、7位に「個人の成果で評価されない」、「雇用形態を変えたい」などの「働く環境」に関する理由も挙げられた。

 一方で緊急事態宣言後の2020年4月~8月の転職理由で最も多かったのは「給与が低い・昇給が見込めない」で9.7%、次いで「スキルアップしたい」が8.0%と続き、将来を見据えた個人的な目標を理由に転職をした人が多い傾向が伺えた。3位には「業界・会社の先行きが不安」、「倒産/リストラ/契約期間の満了」がランクインし、コロナ禍による業績不振が影響していることも伺えた。

 しかし、コロナ禍によるリモートワークの拡大や会議・飲み会の削減による人間関係での悩みは減少したことが伺えた。
 ■「社内の雰囲気が悪い」      :1位→12位
 ■「人間関係が悪い/うまくいかない」:4位→6位
 ■「尊敬できる人がいない」     :9位→20位

まとめ

 今回の調査では、コロナ禍前後で転職理由に大きな変化が生じていることが明らかとなった。新型コロナウイルスの感染拡大が人々の生活様式や働き方に大きな影響を与えていることは顕著と言えるであろう。社会情勢を踏まえながら、離職防止やモチベーション向上などの施策が必要と言えそうだ。

<PR>