オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

世界の人事給与ソフトウェア市場は2027年までCAGR 9%で成長する見込み

2021.09.21

2021年9月20日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、世界の人事給与ソフトウェア市場は、2021年から2027年の予測期間において、9%以上の健全な成長率が見込まれている。

サンプルページのリクエストはこちら

市場の概要

COVID-19では、ビジネスの混乱の範囲と規模が計り知れず、信じられないほど困難な状況にあるため、人事給与市場は、すべてのビジネス、産業、組織の一時的な停止や在宅勤務などによる課題に直面するだろう。また、業務が危機に瀕している企業や、ビジネスに不可欠なプロセスの不確実性もある。

予測期間中の市場成長の要因としては、人事管理システムに有効であるという認識の高まりが挙げられる。さらに、市場の主要プレーヤーによるHR Payroll Softwareの進歩と導入は、この市場に有利な需要をもたらすだろう。しかし、データセキュリティ、サイバーセキュリティ、不正行為は、予測期間における世界の人事給与ソフトウェア市場の成長を阻害する主な要因となっている。

世界のHR Payroll Software市場の地域分析は、アジア太平洋地域、北米、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の地域といった主要な地域を対象にして実施。北米は、エンドユーザーによる人事給与ソフトウェアソリューションの需要が高いことから、市場シェアの面で世界をリードする重要な地域となっている。一方、アジア太平洋地域は、2021年から2027年の予測期間中、最も高い成長率/CAGRを示すと予想されている。

レポートに含まれる主な市場参加者

・Kronos Incorporated
・The Sage Group plc
・アセンティス・コーポレーション
・SAP SuccessFactors
・ペイフォーカス
・バンブーHR
・ケネクサ
・アルティメットソフトウェア
・Vibe HCM, Inc.
・パトリオット・ソフトウェア・カンパニー

まとめ

近年の異なるセグメントおよび国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することを目的に実施された本調査。市場の今後の成長を決定づける要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も含まれている。人事給与ソフトウェアを提供している企業には、非常に価値のある資料となっているのではないだろうか。

<PR>