オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

【書籍出版】新刊『問題社員トラブル円満解決の実践的手法〜訴訟発展リスクを9割減らせる退職勧奨の進め方』

2021.10.20

弁護士法人 咲くやこの花法律事務所(所在地:大阪市西区)の代表弁護士 西川暢春が、新刊書籍『問題社員トラブル円満解決の実践的手法〜訴訟発展リスクを9割減らせる退職勧奨の進め方』(出版社:株式会社日本法令)を2021年10月19日に発売した。

本書について(あらすじ・ポイントなど)

問題社員について解雇は難しいという話を聴き対応をあきらめてしまっている方、その他職場内の問題社員への対応に悩むすべての方に向けた一冊。

問題社員を解雇することの問題点を解説したうえで、話し合いにより、問題社員に改善の機会を与え、改善がされないときは、合意による退職で解決すべきことを説明している。

著者が代表を務める弁護士法人咲くやこの花法律事務所で弁護士が実際に問題社員と話し合いをして、トラブルを解決してきた経験をもとに、問題社員の心理面も踏まえて、問題社員から退職の合意を得るためには、3つの条件を満たす必要があることを示し、合意をとりつけるまでの道筋を理論的、体系的に解説した。

そのうえで、問題社員のパターンごとに具体的にどうすすめればよいかを、事務所の実践例も紹介しながら解説した書籍。

目次

■はじめに
1 私が問題社員トラブル解決に取り組む理由
2 話し合いでの解決は双方にメリットがある

■基礎編
第1章 なぜ問題社員トラブルの円満解決が必要か?
第2章 これで9割解決できる。円満退職の基本路線。

■実践編
第1章 著しい能力不足で改善意欲のない従業員
第2章 業務命令に従わない従業員
第3章 ハラスメントを繰り返し周囲の退職の原因となる従業員
第4章 会社の金品を横領する従業員
第5章 私生活で刑事事件を起こす従業員
第6章 セクハラをする従業員
第7章 転勤を拒否する従業員
第8章 非正規社員の問題社員トラブル
第9章 外部の労働組合と団体交渉になった場合の対応
第10章 円満解決の落とし穴
第11章 問題社員対応の失敗事例
第12章 円満退職路線を目指す場面における弁護士の役割

■整備編

第1章 会社も法令順守で襟を正す
第2章 問題社員を生まない会社づくりのためにできること

■あとがき すべての労務トラブルは話し合いによる解決が原則

書籍概要

書名:問題社員トラブル円満解決の実践的手法〜訴訟発展リスクを9割減らせる退職勧奨の進め方
著者:西川 暢春
定価:2,800円(定価3,080円)
発行元:株式会社日本法令
発行年月:2021年10月19日
ISBNコード: 978-4-910255-06-4

書籍紹介特設ページはこちら

まとめ

問題社員への対応を一歩間違えれば、さらなるトラブルへと発展してしまう可能性がある。円満退職となるよう、適切な対応を取りたいところだ。

<PR>