オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

高校生の叫び「人生100年時代? 100年生きたいと思える社会じゃないです」に耳を傾けて

 人生100年時代といわれる。
 「定年後からの人生も長いね。やりたいこと、見つけないと」なんて居酒屋談義もあるのだろうか。しかしその時代はまだ来ていない。来て「嬉しい」と思う人ばかりでもない。
 「食」と「農」で人をつなぐ活動をしている高橋博之さんの近著にこうあった。ある女子高生の言葉。
 「人生100年時代がやってくるっておとなたちは言うけど、高橋さんは10代の自殺者の数、知ってますか? まずは、若者たちが絶望して死にたくなる社会を変えるほうが先なんじゃないですか?」(※1)
 長く生きたいと思える世のなかじゃない! 胸奥からわく叫び。確かに、5歳ごとに区切った日本人の死因順位(2018年)を調べると、15~39歳すべての層で自殺が1位になっている。10~14歳でも、死因の2位が自殺だ(※2)。
 胸が、痛い。
 若者だけでなく「この人生を降りたい」と思う人は多い。
 でもどうすれば? 私も悩んでいる。降りたいともよく思う。でも……。自身が惑乱しているのだけれど、とりあえず手探りで言葉をつむぎ、生きづらさについて語りだしたい。ぜひご一読いただけたら幸いである。

コンビニバイトを長年続ける人に「ちゃんと働けよ」と言うこと

 文豪・夏目漱石が『草枕』のなかで「とにかく生きづらい世の中ですなあ」(※3)とつぶやいたことはよく知られている。現代は、それとは違った生きづらさに満ちていると思う。
 たとえば、とある36歳、女性。彼女は恋愛経験をもたない。もちろん未婚。正社員経験もなし。コンビニバイト歴は18年。で、「普通に生きてます」と語る。みなさんは彼女にどんな印象を抱くだろうか。
 これ、作家...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。