オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

元企業人社労士から見た企業を取り巻く今~マネジメント育成編~

2020.03.13

マネージャーの使命(ミッション)とスキル・知識

 私は現在、社会保険労務士として、中堅・中小企業における「人財育成」の領域で仕事をさせていただいています。その多くは、マネジメントに携わる方々、これから携わろうとする方々に対して、Off-JT(=研修)で「管理職(前)研修」を行うというものです。この研修の中では「マネージャーとして、これだけは心に留めておいて欲しい」との想いで「使命」を、また、この使命を達成するために身に付けておくべき「スキル・知識」をお話ししています。この「スキル・知識」は「マネージャー」として十分にその役割を果たしていただくために必要となるもので、これまで「プレイヤー」としてのキャリアの中で習得された「スキル・知識」とは、その本質的な内容が異なるものだと考えています。
 前回の繰り返しとなりますが、私の考えるマネジメントに携わる方々の「使命」は、
ⅰ)業績の達成(目標の設定も含めて)
ⅱ)メンバー(部下)の育成
ⅲ)自己の成長

の3点です。また「スキル・知識」は「カッツモデル(※1:図1参照)」に倣い、プレイヤー時代の「テクニカル中心のスキル」よりも、「(課題の発見・及びその解決が求められる)コンセプチュアルスキル」の比重が増すこと、また対人関係能力である「ヒューマンスキル」の重要性は変わらないことをお伝えしています。

図1:カッツモデル(Robert L. Katz ハーバード大教授が提唱)(※1)
図1:カッツモデル(Robert L. Katz ハーバード大教授が提唱)(※1)

 以下、カッツモデルに関する説明を引用します。(※2)

 テクニカルスキルは「仕事遂行スキル」と呼ばれます。テクニカルと言うと、技術と受け止めそうですが、技術に限りません。技術も含みますが、商品知識や使い方、販売先、業界知識、他社との競合のこと、今後の方向など、あらゆるこ...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。