オフィスのミカタとは

電報・生花など発注業務の手間やコストを大幅に軽減する画期的なサービス内容とは?【佐川ヒューモニー株式会社 代表取締役 橋本 氏、安達 氏、脇田 氏 インタビュー記事】

2019.01.17
佐川ヒューモニー株式会社 代表取締役 橋本 譲 氏(左) / 取締役 事業推進部長 安達 成生 氏(中央) / 取締役 営業部長 脇田 栄雄 氏
佐川ヒューモニー株式会社 代表取締役 橋本 譲 氏(左) / 取締役 事業推進部長 安達 成生 氏(中央) / 取締役 営業部長 脇田 栄雄 氏

 佐川ヒューモニーが提供している電報サービスは低価格を実現しているだけでなく、生花を一緒に発注できたり、個別の請求ニーズに対応していたりと、総務担当者の負担を軽減する仕組みが満載だ。同社の強みについて代表取締役の橋本 譲氏、取締役 事業推進部長の安達 成生氏、取締役 営業部長の脇田 栄雄氏に話を伺った。

低コストと利便性を追求した革新的な電報サービス

 結婚、昇進、表彰といったお祝い事や葬儀、法要などのお悔やみ事が生じた際、送る側の真心を伝えてくれる電報。企業が利用する機会も多いが、なかでも佐川ヒューモニー株式会社が提供している電報サービスは、上場企業を含む3万社以上が利用している評判のサービスだ。

 最大の特長は、圧倒的なコストパフォーマンス。一番手頃な「VERY CARD」であれば、全国どこへ送っても1040円(税別、送料・文字料込)から利用可能。また、価格には350文字分の文字料が含まれているため、文字が増える度に課金され、いつの間にか高額になっていたという心配もない。

 文例集は1000以上用意されており、お悔やみ事のように切迫した場面でも文面を一から考える必要がなくて便利だ。また、台紙、文例、差出人など、よく利用するパターンはテンプレートとして保存できるほか、専用フォームでデータを送信すれば何十カ所、何百カ所と一括で電報を送ることもでき、総務をはじめとする電報担当者の手間を大幅に省いてくれる。

見栄えのよいデザインで祝意も弔意も真心を込めて

豊富な商品群と高級感漂うデザイン
豊富な商品群と高級感漂うデザイン

 同社は2001年に民間初の電報事業者として創設された。独占状態の電報市場では、画一的なデザインの電報が多く、価格も高額だった。「もっと品質とデザインにこだわった電報を安価で提供できないのか」そうした思いから、同社では高品質で豊富なデザインを取り揃えながらも、低価格を実現している。

 一番安価なVERY CARDであってもさまざまな絵柄が選べるほか、箔押しされた生地に...

記事の続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。