オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

電報・生花など発注業務の手間やコストを大幅に軽減する画期的なサービス内容とは?【佐川ヒューモニー株式会社 代表取締役 橋本 氏、安達 氏、脇田 氏 インタビュー記事】

2019.01.17
佐川ヒューモニー株式会社 代表取締役 橋本 譲 氏(左) / 取締役 事業推進部長 安達 成生 氏(中央) / 取締役 営業部長 脇田 栄雄 氏
佐川ヒューモニー株式会社 代表取締役 橋本 譲 氏(左) / 取締役 事業推進部長 安達 成生 氏(中央) / 取締役 営業部長 脇田 栄雄 氏

 佐川ヒューモニーが提供している電報サービスは低価格を実現しているだけでなく、生花を一緒に発注できたり、個別の請求ニーズに対応していたりと、総務担当者の負担を軽減する仕組みが満載だ。同社の強みについて代表取締役の橋本 譲氏、取締役 事業推進部長の安達 成生氏、取締役 営業部長の脇田 栄雄氏に話を伺った。

低コストと利便性を追求した革新的な電報サービス

 結婚、昇進、表彰といったお祝い事や葬儀、法要などのお悔やみ事が生じた際、送る側の真心を伝えてくれる電報。企業が利用する機会も多いが、なかでも佐川ヒューモニー株式会社が提供している電報サービスは、上場企業を含む3万社以上が利用している評判のサービスだ。

 最大の特長は、圧倒的なコストパフォーマンス。一番手頃な「VERY CARD」であれば、全国どこへ送っても1040円(税別、送料・文字料込)から利用可能。また、価格には350文字分の文字料が含まれているため、文字が増える度に課金され、いつの間にか高額になっていたという心配もない。

 文例集は1000以上用意されており、お悔やみ事のように切迫した場面でも文面を一から考える必要がなくて便利だ。また、台紙、文例、差出人など、よく利用するパターンはテンプレートとして保存できるほか、専用フォームでデータを送信すれば何十カ所、何百カ所と一括で電報を送ることもでき、総務をはじめとする電報担当者の手間を大幅に省いてくれる。

見栄えのよいデザインで祝意も弔意も真心を込めて

豊富な商品群と高級感漂うデザイン
豊富な商品群と高級感漂うデザイン

 同社は2001年に民間初の電報事業者として創設された。独占状態の電報市場では、画一的なデザインの電報が多く、価格も高額だった。「もっと品質とデザインにこだわった電報を安価で提供できないのか」そうした思いから、同社では高品質で豊富なデザインを取り揃えながらも、低価格を実現している。

 一番安価なVERY CARDであってもさまざまな絵柄が選べるほか、箔押しされた生地に豪華な刺繍や押花を施した「押花・刺繍電報」、西陣織の生地が使われている「西陣織電報」、重厚感のある「うるし電報」、線香とセットとなった「香電」など、幅広い価格帯で選択肢が多いのが魅力だ。

締め時間を設けることで配送コストを削減

佐川ヒューモニー株式会社 代表取締役 橋本 譲 氏
佐川ヒューモニー株式会社 代表取締役 橋本 譲 氏

「当社は低価格で高品質なサービスを実現するため、さまざまな企業努力を重ねています」と語るのは、代表取締役の橋本譲氏。佐川ヒューモニーでは、電報の申し込みをWebを中心に受け付けることで効率的な受注を実現。定期的に改良を行い、操作性を向上させている。

 配送の締め時間を設定しているのもポイントだ。14時までの申し込みは当日中の配達、14時〜18時までは翌日10時まで、18時以降は翌日中の配達とすることで、コストの圧縮に成功している。(一部地域、商品を除く)

電報だけでなく生花も一緒に手配できるという利便性

佐川ヒューモニー株式会社 取締役 事業推進部長 安達 成生 氏
佐川ヒューモニー株式会社 取締役 事業推進部長 安達 成生 氏

 佐川ヒューモニーのもう一つの大きな強みが、電報と一緒に生花も手配できるところだ。同社がこのサービスを展開するまでは、電報は通信会社へ、供花は生花店や葬儀社へ依頼するものだったが、同社が一括して請け負うことで簡素化された。毎回違う葬儀社と電話で何度もやり取りする必要がないほか、その都度振込対応する手間もない。「斎場によっては細かな取り決めがあり、ご担当者様は大変な思いをされています。その煩わしさを少しでも軽減できればと、私たちが一手に引き受けています」と取締役 営業部長の脇田 栄雄氏は話す。

 また、胡蝶蘭は産地直送というのもポイントだ。送り先へ届いた時に満開となるよう、8~9分咲きの頃を見計らって出荷できるうえ、花の持ちも良い。ただ、産地直送を可能とするには、かなりの苦労があったようだ。「蘭の生産者さんを何軒も訪問し、品質に優れている方と交渉を重ねました。また生花店も全国の店舗を訪ね歩き、『高品質で安価に生花を提供したい』という私たちの思いに賛同してくださる店舗と提携することができました。現在も新しい生産者さんや生花店を開拓中ですが、自力で電報の物流網を構築したノウハウが活きていると思います」と安達氏は語る。

かゆいところにも手が届く細やかなカスタマイズ機能

佐川ヒューモニー株式会社 取締役 営業部長 脇田 栄雄 氏
佐川ヒューモニー株式会社 取締役 営業部長 脇田 栄雄 氏

 企業にとってさらに便利なのが、細かい部分までカスタマイズできる点だ。例えば請求に関しては、一括して本社に請求できたり、支店別・営業所別に請求することもできる。「電報代は本社に請求してほしいけれど、花代は各営業所に請求してほしいといったご要望も多いのですが、当社ならそうした対応も可能です」と脇田氏は話す。

 また会社の規定金額に合わせて高額な台紙を表示しないようにする、発注金額の上限を設定するといったことも可能なほか、差出人が社長の場合はうるし電報、部長の場合は通常のVERY CARDといったように、差出人によって台紙を登録することもできる。

 また費目ナンバーを付けて管理することができるほか、請求明細をWeb上で確認・ダウンロードすることも可能など、便利な機能が満載だ。

環境負荷に配慮した新サービスの開発にも意欲的

 法人を対象にサービスを開始した同社だが、現在は個人ユーザー向けにも展開している。佐川急便のセールスドライバーの営業力でサービスの認知拡大を図るとともに、その利便性や品質の高さが人気を博している。電報の総取扱量は年々シュリンクしているにもかかわらず、同社ではここ5~6年、前年比110%前後(売上)で推移しているというから驚きだ。

 「敬老の日に『長生きしてね』と送った電報でおばあさんが喜んでくれたというユーザーの声や、配送担当者の目の前で開けて涙ぐむ人がいたなど、ハートフルなエピソードは電報だからこそ。各企業のご担当者様にも、ぜひプライベートで利用していただきたいですね」と橋本氏。

 今後は環境負荷に配慮した電報を開発するなど、付加価値を追求したサービスを展開していきたい考えだ。さまざまな利便性を追求している佐川ヒューモニーの電報は、手配に時間を取られている担当者の負担を軽減し、働き方改革にも大きく貢献してくれそうだ。

「佐川ヒューモニー」が選ばれる3つのポイント

1. 圧倒的なコストパフォーマンスを実現
2. 企業ごとにカスタマイズできる多彩な機能を搭載
3. 電報だけでなく生花も一括して発注できる

お問い合わせ先情報

佐川ヒューモニー株式会社
電話番号   :0570-056-115
メールアドレス:info@keicho.net
対応時間   :9:00~20:00(年末年始除く)
ホームページ :https://www.keicho.net/

「佐川ヒューモニー」の企業情報はこちら

<PR>