オフィスのミカタとは
従業員の働きがい向上に務める皆様のための完全無料で使える
総務・人事・経理・管理部/バックオフィス業界専門メディア「オフィスのミカタ」

日本初!オフィス家具のサブスクリプションカマルクジャパンの戦略とは【カマルクジャパン株式会社 町野 健 氏 インタビュー記事】

2019.01.17
カマルクジャパン株式会社 代表取締役 町野 健 氏
カマルクジャパン株式会社 代表取締役 町野 健 氏

 「動画見放題」や「音楽聴き放題」など、一定期間の利用に対して代金を支払う“サブスクリプション”が今広がりを 見せている。そんな中、“日本初”となるオフィス家具のサブスクリプションサービスが新たに開始された。月額1,000 円からオフィス家具が利用できる『subsclife(以下、サブスクライフ)』だ。今話題のサービスについて取材をした。

オフィス家具もサブスクリプションの時代へ

 オフィス家具のサブスクリプションは日本初。世界的に見ても、BtoCではニューヨークに1件、インドに1件とまだまだ開拓されていない領域であり、まさに先駆けだ。なぜ日本のBtoB市場にこの仕組みを持ち込んだのか? オフィス家具のサブスクリプションサービス『サブスクライフ』を提供しているカマルクジャパン代表取締役の町野 健氏に話を伺った。

「2017年にアメリカで弊社のIoT事業をプレゼンする機会があり、その時にほかの100社ほどのプレゼンを聞いていたのですが、みんなサブスクリプションを推していました。提供形式はすべて月額課金でネットフリックスのようなイメージです。その時点では、まだ家具のサブスクリプションの案はありませんでしたが、日本にも『サブスク元年』が来るんじゃないかと思いました。そして、家具とサブスクリプションを組み合わせることができれば、日本の中小企業でも、無駄なコストが掛からない新しいサービスができるのではないかと考えついたのです」(町野氏)

 同社では、もともとデザイン家具を取り扱っていたという背景もあり、デザイン性のある家具でも低価格の月額制が実現できた。

「まだ個人でも会社でも、家具は大きな投資をして購入するのが当たり前のようになっています。そこをわれわれはサブスクリプションという提供方法をとり、月額1000円~の低価格で提供しています。またさまざまな利用シーンを想定し、1万点以上の商品を取り揃え、ご要望があればコーディネーターがオフィスのイメージに合わせてご提案もしています」(町野氏)

初期導入コストが 新品に比べ 22分の1わかりやすいコストメリット

 実際、オフィス家具を一括購入すると165万円掛かるところを、サブスクライフを利用したことで7・5万円に抑えることができ、初期導入コストが22分の1になったという事例もあ
る。

「例えば、サブスクライフをご利用いただけば、会社が大きくなって移転をする際に、そのオフィスに合わせて家具ごとガラッと変えることもできます。運ぶものもほとんどないので引っ越しの負担も軽減されます。流動的にプランできるので助かるというお声もいただいており、今の働き方や会社の在り方にマッチしていると感じています」(町野氏)

 また、従来のレンタルサービスでは、レンタル料を払い続けることで理論上定価を超えてしまうことがあるが、『サブスクライフ』はそれとは異なり、契約期間満了時に差額を支払うことで購入も可能だという。気に入らなければ別のデザイン家具に変更もできるし、選択肢が豊富で、しかもすべて新品での提供というから驚きだ。

「変化のあるオフィスの 環境づくり」で社員の満足度を向上

「オフィス家具を定期的に変えるなんて、今まではできないことでした。中小企業ではオフィス環境を変えるのに多額の費用を掛けることは難しいのが現状です。サブスクライフをご利用いただくことで、コストを抑えつつオフィス環境を変えられます。それによって、雇用継続や社員満足度を上げられますので、働き方改革の一面を担えるのではないかと思っています」(町野氏)

 また、同社ではインテリアグリーン(観葉植物)のサブスクリプションも展開している。月2回のメンテナンス付きで、3カ月ごとの交換も可能だ。

「観葉植物を置くことで気持ちがリフレッシュされ、作業効率アップにも貢献できます。こういった部分を積極的に取り入れることで、働きやすい環境を自分たちの手で手掛けていくことが可能になります。働きやすい環境をつくることによって、自分たちの会社に愛着を持ち、気持ちよく仕事ができる。その手助けをしたいというのも私達の思いの一つです」 (町野氏)

経営体質の強化にも使える目的は企業の働き方改革の手助けとなること

 さらに、この家具のサブスクリプションは経営体質の強化にもつながってくる。サブスクライフだと、オフィス家具を経費として処理することができるため、固定資産計上や減価償却処理などの事務処理が必要なく、管理部門担当者の手間も大幅に減らすことができる。また、固定資産をオフバランス化することで、キャッシュフローの改善や、柔軟で機動的な経営体質を実現することにもつながるのだ。

「ありがたいことに事業開始から多数のお問い合わせをいただいております。実際に、社員の士気を上げていくための環境づくりはとても大切です。また、サブスクライフの仕組みは家具の新しいプラットホームという側面もあります。リフレッシュスペースなどの新設や、移転・増床・レイアウト変更などで、家具の導入を検討する際はうまく弊社を使ってほしい。それによってお客様にもより多くの選択肢を提供することができます。新しいプラットホームとして家具業界全体を盛り上げながら、中小企業の働き方改革、また経営体質の強化にも協力していきたい」(町野氏)

 働く環境の景色を変えるという、今までになかったサービスが未来のスタンダードになる日が来た時、カマルクジャパンがこの家具業界のトップリーダーとなっている姿は、容易に想像できる。

「サブスクライフ」が選ばれる3つのポイント

1. 月額払いで初期導入コストを大幅削減
2. 新品のデザイン家具を、ニーズに合わせて洗練コーディネート
3. 最短1~5営業日で提案、2週間~で納品のスピード対応

キャンペーン情報

 

「カマルク」の企業情報はこちら

<PR>